2011年10月18日

ORIGINAL SWATCH

AVENTADORの画像のアップの前に、先日子供の為にSWATCHを改造した時にひっぱり出してきた、昔改造したSWATCH達をアップします。どれも旧サイトで紹介していますが・・・とりあえず。

まずはオートマのジェリーフィッシュ。オリジナルのジェリーフィッシュはクォーツですが、それをオートマにしてみたものです。分表示のリングも真鍮削りだしに塗装でインレタによる分表示です。これは既に先日の子のSWATCHの為にもう存在しません。


YMOSWATCH。1993年に再生した時に作ったものです。透明塩ビ板の文字板で、スキマからメカが見えます。YMOその他の文字は夜光で光ります。結構カッコイイ。


キースヘリンングの試作モデルの再現。SWATCHの洋書を見ながら自分で描いたものを縮小してインレタ化し白塗装文字板に貼り付けたものです。


X-MEN SWATCH。アメコミ版のサイクロプスの胸のあたりをイメージしたものです。ケースがもっと明るいブルーのものがあったらよかったのですが。


SWATCHがデジタルを出す前に作ったSWATCH DIGITAL。アールデコな感じに仕上げてみました。リューズはダミーで動きません。時刻合わせは裏蓋をあけてモジュールのボタン操作で行います。


ウゴウゴルーガが流行ってる頃に作ったみかんせいじんSWATCH。ベルトがちょうどミカンのツブツブっぽいのがあったのが良かったです。プリプリ博士バージョンもありました。これも上の子用SWATCHに使用し、現存しません。


DISNEY SWATCH。文字板は真鍮にクロームメッキ。ミッキーの秒針はユーロディズニーの時計から移植。ティンカーベル、ディズニーロゴその他の表示はインレタ製。


ミッキーSWATCH。ALBAかなんかの文字板の寄せ集めで作ったものです。イマイチですね。


寄せ集めなSWATCHその2。針がこんなSWACHが出た時に「裸ならスケルトンだろー」と買った当日に分解し、SWATCH数本分のパーツで作ったものです。文字板の蛍光アクリルはブラックライト下で発光してくれ怪しさを増してくれました。


最後に、文字板だけ残っていた、アニエス・ベーSWATCHとデイトナSWATCHのダブルネーム。


以上、ざっくりな紹介でした。真っ白でリンゴマークだけのApple SWATCHとか作りたいですね。