2011年11月20日

iPhone スケルトン化その後

先日、iPhoneスケルトンバック化の記事にも追記しましたが、どうもレンズまわりのパーツの出来が悪く、写真を撮ると画像の上の方が暗くなるので、交換依頼をし、その交換品の待ち中なんですが・・・なかなか来ないので、その間に何枚か画像アップします。
まずは、裏面のレンズ部に貼ってあった保護フィルム。背面レンズ部に適当に貼ってあった四角いパーツの下に貼ってあるので爪等ではとれません。そもそもピタッと貼ってあるし、取り説等で説明のないことには全く気付かないことでしょう。交換依頼のメールをショップに出した時に「ちなみに…」と教えてもらって分かった次第です。


背面をスキャンし、壁紙にしてどっちも背面化みました。


N君の白バージョンスケルトンバック。レンズ周りの構成は私のものとは異なり、特に撮影に問題は無いそうです。裏面印刷の銀のフチドリもありません。



また、前回、気になってた下の画像の矢印のパーツ、やはりアンテナのパーツの様ですが、バラシ系のサイトをいろいろ見てみると、付いているのと無いのとある様です。国別の通信環境によるのかもしれませんが、少なくとも日本で買ったものにあったものが無いのは気になります。この透明ケースを買ったショップにも問い合わせてみたのですが、「問題ありません。」と、どういう根拠か分かりませんが言い切ってました。まぁ、とりあえず1週間程しようしていて特に電波の入りが悪い等の実感はありませんので、いいんですかね?


また、先日電車でつり革につかまって使用していたら前の座席のおじさんがすごい顔つきで私を見上げてにらんでるので、何かと思ったらこのiPhoneを凝視してた様です。背面から液晶の明かりが少し漏れているので、意外と気付かれるのかもしれません。

以上、その後のiPhone背面スケルトン化の情報でした。進捗あったらまたアップします。