2012年2月5日

アヴェンタドールのプラモの制作その7

今日の作業で9割がた出来ました。1月17日に来たので、約3週間弱でここまで来ました。私的には凄く早かったと思います。まずはIGにアップした画像。





正面斜視から。この位の光源だとボンネットやルーフの折れ線が出ていいですね。


しかし、遠目には出来たっぽいですが、本体の型割り線のバリ取り等の仕上げはまだ一切やってません。(順序が逆ー)リヤのライトもまだイマイチですし、サイドのウインカー類も付けてません。


ヘッドライトの透明カバーもブカブカのままとりあえず両面テープで貼っただけです。どうしましょうねぇ。


エンジンフードの自作の透明パーツの仕上げもこれからです。しかし、こう見るとひどい出来ですね。奇麗になるんでしょか?最後に端面黒く塗ると大分ごまかせかすかね?(・・・多分途中で挫折してキットのパーツにしちゃうと思われます。)スジ彫りも出来ればしたいところですが。。。


ということで、あとは気力の具合でどこまで仕上げられるか?といった感じです。・・・しかし、ここまで出来てくると同一スケールのスピナーもむらむらと欲しくなってきました。同フジミ模型のスピナーは成型色が白いので、青く塗装しなければならないのがハードルですが。造形の差を見るだけだったら白いままの方が比較しやすいってのもあるかもしれませんが。。。あ、もしもスピナー買ったらこのアヴェンタドールは下半分黒く塗って日本のパトカーにすると良さそうですね。