2012年4月14日

バイオロジカル・モーション

数年前、佐藤雅彦先生とユーフラテスさんが、バイオロジカル・モーション(生物の関節などの位置を示す点の動きだけで、脳が「生物的な動き」として、ひとまとめに認知してしまうこと)を応用して、ISSEY MIYAKEのA-POCの映像や、ICCでの君の身体を変換してみよ展で「点にんげん 線にんげん」などの作品を公開していましたが、最近、perfumeがglobal siteでモーションキャプチャーデータ他、open Frameworks,Processing,Max,Flashのサンプルコードもダウンロード出来る様になっており、kさんがProcessingのサンプルコードをいじって、同バイオロジカル・モーションっぽいのをさくっと作ってましたので、ご紹介。こちらです。(音が出ますので注意。ローディングにちょっと時間がかかるかもしれません)マウスで視点移動出来ます。




レンダリングして書き出されたムービーでなく、プログラミングが走って動いている映像、いいですね〜。最近、Processingはいじってなかったのですが、またやりたくなりますね。QCでもいけるかな?