2012年7月15日

特撮博物館に行ってきた

東京都現代美術館で開催中の「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきました。サイトはこちら
とりあえず、子供の頃、ウルトラマンやゴジラをリアルタイムで見て育った大人は必見な展示かと思います。STAR WARSをはじめとする、最近の3DCGは素晴らしいのですが、そういった技術の無い時代のミニチュアによる一所懸命な魅せ方が、展示されている現物からぐいぐい伝わってきます。こんな大人になってからまさか、リアルメカゴジラに出会うことが出来るとは。。。サイトには展示物の情報があまりありませんが、意外と多く、じっくり見るにはかなりの時間を要します。各ヒーローもののミニチュアやかぶり物(ライオン丸だけ毛が生えてて怖かったですねw)からそのかぶり物の電飾職人の道具、ウルトラシリーズの兵器、ロケットや戦車、ジオラマなど、かなりのボリュームです。来週からは学校が夏休みに突入するので、是非、今週中行かれることをお勧めします。
上映されていた「巨神兵東京に現る」は、、、作品全体を最後に「(笑)」な空気にしている、とある要素が私的にはダメ、と言うか、残念でした。(ネタバレになるので書きませんが)特撮の技術はスゴイと思うのですが。そういった意味でメイキングの映像は面白かったです。
で、展示は全て撮影禁止ですが、以下のミニチュアなセットの箇所は撮影OKで、皆さん撮影しまくってました。


こんな感じで撮影出来ます。かぶり物など持参してiPhone アプリのAction Movieで撮影するのをお勧めします。


展示オリジナルのガシャポンの巨神兵。3種類あり、蓄光モデル2種類、計5種類ある様です。


上の巨神兵を下から見上げて特撮っぽくiPhoneで撮影。ベランダで撮影したのですが、やはり自然光はそれっぽくなりますね。


最後に美ら海水族館のイルカのフィギュアと台座の入れ替えをしてみました。こんな海洋生物がいそうな雰囲気になりましたw


美術館の企画展示で終わらずに、このままどこかに移築して随時コンテンツを追加していく永久展示して欲しい、そんな企画展でした。ジブリ美術館の前の広大な工事中のところに作ってもらえませんかね?