2012年7月19日

Retina MacBook ProでBlu-rayを観る方法

RetinaディスプレイのMacBook Proを買ったからにはやはり次にやりたくなるのはその解像度を活かしたブルーレイ鑑賞ですね、ということでブルーレイを観れる環境を作ってみましたのでアップします。と言っても外付けドライブとアプリ1個買っただけですが。

現状、Retina MacBook Proの解像度の設定の上限は1920x1200なので(既に2880x1800とMAXで表示させるアプリもある様ですが私は試していません)、dot by dotでブルーレイのFull HD映像を観ることが出来ます。しかし、ブルーレイディスクの映像を観るにはまず根本的に外付けBDプレイヤーが必要です。私はいろいろ悩んだ結果、正式にMac対応を掲げているロジテックのLBD-PME6U3MSVを購入しました。ビックカメラ等で買うよりもamazonの方が安かったですね。これの購入の決め手になったのは、USB3.0に対応ということとROXIOのToast11 Titaniumがバンドルされているという点です。BDXLには非対応ですが、まぁ、いいかな、ということで。(バッファローのこちらのモデル等ではBDXLに対応している様ですが、MacでBDXLがいけるかは不明です。ブルーレイディスクの再生は問題ない様ですが。またこのバッファローのモデルはwin環境で使用すれば地デジ録画した映像も同梱のPowerDVD10で観ることが出来そうですね。)

で、現物がこちら。バスパワー駆動でケーブルはUSBケーブル1本のみです。(別売のACアダプターも使用可です)上面はアルミなのですが、Logitecロゴのあたりの妙な斜めの黒いディティールは不要ですね。なんでこう、余計なディティールをしちゃうんでしょ?



USBケーブルは底面に収納出来るのは良いのですが、背面のコネクター部の突出量が大きいのが気になります。コネクターをグキッと曲げちゃいそうなので、結局持ち運び時はケーブルははずしそうです。


前面のボタンを押し、シャコッと出てくるトレイはこんな。



で、これだけではブルーレイは再生出来ず、Mac上でブルーレイ動画を再生させるにはこちらのMac Blu-ray Playerが必要です。現状、Macでブルーレイディスクを再生させることが出来るのはこれだけの様です。こちらもダウンロード購入し、送られてくるメールアドレス(自分のメールアドレスではないので注意)と登録コードを入力し、再生準備完了です。
で、早速再生。コンテンツは昨日発売となったYMONHKです。いやー、いいですね。さすがに奇麗です。スバラシイ。MacでBlu-rayだー! Retinaディスプレイバンザイ!再生前、イマイチだったUIはフルスクリーン再生時はこんなで良いですね。


フルスクリーンでない時のウィンドウはこんなです。あ、このロジテックの外付けプレイヤー、某HandBrakeも問題なく使えました。

・・・これで今後は映像系はストレージも含めてブルーレイに統一できそうです。以上、Macでブルーレイなお話でした。
あ、最後に、YMONHK、こちらで買うと下の様なYMO温泉ロゴ付き温泉タオルが付いてきます。こちらもお好きな方はどうぞー