2012年12月3日

lipのRetrograde

今日腕に巻かれているのは1960年代に発売されたlipのレトログラード。針が円弧上に動き、下まで行ききるとピコンっと上に戻る動きをするのをレトログラードと言うのですが、lipでこの縦型のは非常に珍しいと思います。




国内では私のこれ以外見たことがありません。文字盤の青さ具合は下の画像の方が現物に近いです。


以下は昔ブログにアップした画像ですが、オリジナル画像が出て来たので解像度アップして再掲載。


右にオフセットした文字盤がカッコイイです。ちなみにこれで3時44分です。


裏面はこんなです。程度も非常によいです。


で、こちらは以前にITEMさんで撮影させて頂いた、同lipのレトログラードの横バージョン。横バージョンで丸ケースは良く見かけるのですが、この角ケースは非常に珍しいです。


私のとツーショット。この横バージョンもすごくカッコイイです。針は円弧運動をしていようが直線にした窓がまた良いです。


横バージョンの方が小ぶりに見えます。いつかはこの横バージョンも欲しいですね〜。こちらのサイトでシルバーケースのものやムーブメントが紹介されています。


以上、lipのレトログラードのご紹介でした。

2012.12.23.追記・・・ITEMさんで撮影させて頂いた画像が1枚出てきたので追加して貼っておきます。やっぱ、カッコイイですね。