2012年12月29日

SYNCHRONARの3Dデータ化

5年以上放置していたSYNCHRONARの3Dデータをまたいじり始めているんですが、やっぱカッコイイですね。とても腕時計の造形とは思えませんw


基本、現物をノギスで測っての3Dデータ化なんですが、問題はここから先の「なんとなく雰囲気で繋がっている」四隅の角Rの面のつなげ具合です。基本、こういう面の場合は各面に稜線を投影して囲われた面を剥がして面を貼り直すんですが、こういう処理はこの3D CADよりもあっちの3D CADの方が得意なんですが。。。 どうしましょう。。。