2013年1月9日

Pulsar Calculator

今日はすっごく久しぶりにパルサーのLED時計をはめています。どうした訳だか、急にはめたくなり先日バッテリーを入れて今腕に巻かれています。



1977年に発売された6桁の四則計算が可能な計算機付きのLEDデジタル時計です。同じデザインの前モデル、901のモジュールから若干キー配列が変更され、手首を時計を見る様にくるっと回すとLEDが自動点灯するオートコマンド機能が付加されたモジュール902のモデルです。



前面の「Pulsar」と刻印されたボタンを押すと時分表示、2回押すと月日表示、三回押すとMo等曜日表示をします。


正面の図です。樽型のぽっちゃりしたデザインがカッコイイです。計算時は+ボタンを押して0を表示させてから専用のスタイラスペン等でキーを押して操作します。時刻修正はSボタンを押して修正項目選択後、Pulsarボタンを2秒以上押し、行います。


ケースの材質はステンレスでトップ面はヘアーライン、両サイドは鏡面仕上げです。(ので撮影したiPhoneが写り込んでますね)下1/4位の所を走っているパーツ割りのラインから後ろが裏蓋です。


裏蓋は緩やかなR面で6本のマイナスビスで固定されています。


バッテリー交換時のカットです。バッテリーはSR44Wを4つも使います。


最後にnano時計と並べてみました。だいたいこんな大きさで結構厚い時計ですが、nano時計に慣れているとそんなに大きさを感じません。


最近はアンティークウォッチフェアー等でもほとんど見かけなくなりましたが、一時期の日本における異常なまでのパルサー人気時に買われていったパルサー達は今どうしているのでしょう。買われた方々の腕で今も赤く光っているのでしょうか。。。以上、久々にはめている「LEDデジタル時計」でした。