2013年2月10日

National Semiconductorの計算機付き時計

どうもamazonへリンクなアップばかり続きましたのでここで腕時計をご紹介。これはNational Semiconductorの関数機能もある計算機付きLCDデジタル時計です。おそらく70年代のものかと思われます。画像は金属製の蓋を開けた、いつでも計算OKな状態です。各キーは非常に小さく、操作にはスタイラスが必要です。



蓋を閉じるとこんな。四角くて単にデカいだけの金色のデジタル時計。NOVUSの名称(?)の印刷があります。


蓋を閉じて置いた状態の斜視。蓋は閉じる時には「カチッ」と心地よいクリック感があります。


開けた状態。キー部分のトップ面のプレートがかなり浮いてきてしまっています。蓋の裏には時刻修正方法のシールが貼ってあります。


同、関数機能のあるシチズンの計算機付き時計とのツーショット。丸と四角、ですね。♪まーるーとし、か、く、、、「デザインあ」のビジュアルに使えませんかね?キーの数は圧倒的にシチズンのモデルの方が多いにもかかわらず、シチズンのモデルはかろうじて爪で操作することが可能です。


下は海外のコレクターの方から昔頂いた画像です。非常に珍しい、この時計のシルバーモデルです。前面の印刷はNOVUSではなく、National Semiconductorの印刷がされており、妙に手書き風なパターンが施されています。何故、このデザインにこのパターンなんでしょう?



以上、また計算機な時計のアップでした。