2013年3月31日

イルカがロボに変形するシーバトロン

先週、九州の方に旅行に行ってきまして、別府のうみたまごという水族館に行った時に買ったお土産です。「蒼海(そうかい)の勇者シーバトロン」のドルフィンタイプです。(他にサメとシャチがいました)ザ・アクセスという玩具メーカーのオリジナルらしく、発売はもう2年以上前の様です。値段は800円程でした。もちろんオフィシャルなトランスフォーマー系ではありませんが、なかなか良い変形をしていますので以下にその過程をご紹介。(ビーストウォーズとかにお手本となる変形があったんですかね??もしくは単にコピー商品とかでないと良いんですが。。。安さの割に良い変形をしているので不安になりますw)


ということで、まずはイルカ状態。きれいにまとまっています。グラデの塗装もいい感じです。


変形させるにはまずしっぽ部分をぐいっと後方に引っぱります。


そのしっぽを下に曲げ、左右に開き足にして、しっぽの先端部分を後ろに回してつま先部分を出します。


次に背びれ部分を下に曲げつつ背びれの左右の胴体部分を開きます。ガウォーク状態ですね。


で、腕部分を出して頭を回転させて出します。


回転完了した頭部分の拡大。板の上に生首が乗っている様な状態です。イルカなのにロボの顔は怖そうな顔つきです。


手に銃を持たせて完成の図。結構カッコイイです。ビーチボールとか投げるとついイルカ部分が受け止めようと反応しちゃいそうなロボです。


背面はこんな。ふくらはぎのしっぽが邪魔そうですが、これがあるおかげで自立しています。


足の部分だけイルカに戻すと人魚状態にもなりますwこれはこれで海中ではすばしっこさそうで良いです。


最後にパッケージ。ホテルで開封前に撮影。


背面にはトランスフォーム方法が記載されています。どのタイプもほぼ同じトランスフォームです。


以上、お土産に買ってきたシーバトロンのご紹介でした。・・・子ども連れでこういうものを自分用のお土産に買う親って、、、ダメダメですかね??