2013年4月14日

HELSONの本当のツノ時計

クロノグラフでプッシュボタンが上にある時計をよく「ツノ時計」(海外ではBULLHEAD等)と呼ぶのですが、先日見せて頂いたI 君のHELSONのダイバークロノは本当の意味でツノ時計でした。どういうことかと言いますと、大抵のツノ時計はツノの様なプッシュボタンだけでなくリューズも突出しており、正確には3つ突出しています。が、このHELSONの時計は中央のリューズはなんと専用の工具で埋め込まれていて突出しておらず、ツノの様に上に突出しているのはスクリューロックされたプッシュボタンだけで、正真正銘、ツノだけが生えた時計です。1000mの防水機能も相まって非常に分厚くゴツイのですが、なんか可愛くも見える時計です。魔法使いサリーに出てきたポロンちゃんにも見えますw



ダイバーなのに回転ベゼルが無いのも珍しいです。文字版も非常にシンプル。


サイドビューはこんな。付いている非常に分厚いベルトは I 君の手作りです。


で、リューズを出す工具ですが、付属していた専用の工具があまりにちゃっちいものだったそうで、これもまた I 君が真鍮を削り出して作ってました。下の画像のものがそれです。カッコイイ。リューズにあたる部分にはちゃんとキズ防止のゴムが埋め込まれています。


その工具をリューズにあてて回転させると、、、


この様に出てきます。ここまで出した後は手でリューズを引き出し、あとは通常の時計の様に操作します。


以上、I 君の非常にゴツイ、本当のツノ時計のご紹介でした。他のリューズが上にあるツノ時計との差別化としてこれからはプッシュボタンだけが上に突出している時計をポロンちゃん時計と命名したいと思いますw
(以下、ツノ時計系の投稿、こちらに続きます。)