2013年5月7日

奥村靫正展とiPhoneケース


奥村靫正展「第2回奥村祭り」が今日5月7日から5月31日 まで(日曜、祝日は休み)、銀座のクリエイションギャラリーG8とガーディアンガーデンの2会場で無料行われています。(会場はこちら。期間限定ブログはこちら。)会場内はなんと撮影OKでしたので、撮影してきた画像をざっくりアップします。

まずはクリエイションギャラリーG8の会場。壁面にたくさんの作品が展示されています。YMO好きな私にとっては懐かしい作品ばかりです。(と言っても展示してあったほとんどのYMOのポスターやLPはまだ持ってますが 。。。)




柱の各面にも。


で、YMO関連の本や版下類も!


YMOフォントの版下!


こういった版下類を見るドキドキさって、大友克洋氏の原画展を見る時と通ずるものがあります。


あの温泉マークのオリジナルが!!ネロがルーベンスの2枚の絵を見た時の衝撃ってこんな感じだったんですかね?


奥の暗い部屋では奥村氏が初めてADC賞を受賞した、YMO81年Winter Liveのセットのミニチュア(人の大きさが10cm位)にプロジェクションマッッピングして当時の雰囲気を再現しています。カッコイイ


ガーディアンガーデンの会場はこんな感じ。


作品のポジがたくさん並べられてます。こういった見せ方も良いですね。


ニューロマンサーの原画。トレペかかってて見えませんーw


で、物販。目当てのiPhoneケースは3種類のデザインがありました。(サイズはiPhone 4S用と5用とあります)温泉マーク、体操、ニューロマンサー、です。


温泉マークの白だけ買おうかと思ったのですが、やっぱ黒も買い、さらにぐるっと見終わってから追加で体操のも買っちゃいましたw


で、このYMO温泉マーク、ちょっとデザインが違います。「今回の為にリデザインしました」とのことですが、、、やっぱ大人的な問題なんでしょうか。。。残念と言えば残念ですが、まぁ、逆に貴重と言えば貴重ですね。下の画像、左がオリジナルの温泉マーク、右が今回のiPhoneケースです。


で、黒ケースの印刷ですが、左のYを表す細い線が妙に暗い色の印刷でほとんど見えません。(同じ版下で白の上に赤を印刷しているのをここの線のところだけ白の印刷が抜けた為、黒地に赤の直接印刷になり、ほとんど見えなくなったのではないかと思われます。違っていたらすみません)iPhone 4用のケースはちゃんと赤くなっていたので、これは明らかに印刷屋のミスではないかと思われます。


体操のビジュアルのケース、こちらもオリジナルには「野に山にYMO」とあるのですが、ケースではYMOの表記が削除されてます。。。


ということで、iPhoneに装着してみました。ちょっとゆるい感じの温泉マークですが、カッコイイですね。


最後にINSTAGRAMにアップした画像を貼っておきます。


以上、奥村靫正展と期間限定のiPhoneケースのざっくりなご紹介でした。あー、明日からはKRAFTWERKですねー