2013年6月23日

i'm WATCH

i'm WATCH本体の方をアップしていなかったのでざっとアップします。

アルミ無垢の本体は非常にソリッド感があり、デザインもシンプルで好感が持てます。液晶自体は1.54インチ、解像度240x240、220ppiのTFT液晶で、iPod nano第6世代(腕時計になる、現行の1つ前のモデル)と全く同じです。OSはAndroidのカスタムバージョンのi'm Droidです。


背面にはいろいろ記載されています。腕に沿って湾曲している風な本体デザインですが、トップ面と側面のディティールだけで実際は湾曲していません。


腕に巻くとこんな。nano時計よりも1まわり大きいです。特に34mm幅のベルトのボリューム感がかなりあります。


nano時計と並べるとこんな。


ほぼ正面から。


側面から見るとこんな。かなり違いますね。側面にはこの様にスピーカー穴が空いているのですが、ここから液晶バックライトの光がもれ、夜はここが無意味に白く光って逆にいい感じですw


で、i'm WATCHは置くとこの様にベルト部の構造により本体が浮いた状態になります。ショックアブソーバー的にいいかも。


で、デフォルトのトップ画面です。トップ画面の3つのアイコンは入れ替え可能です。


上の画面をタップすると出てくる腕時計モード。シンプルで良いですね。バッテリー残量が少なくなると強制的にこの時計モードのみになります。(ちなみにバッテリーは遊んでいると1日持ちません。通常使いでも毎日充電は必要そうです。)


こんなデジタル時計表示もあります。GMT+9時間の表記がKOREAN STANDARDなのがやですね。


twitterも見れます。


Instagramも。


画像拡大も出来ます。


天気予報とか。


で、インストールして面白かったアプリがこれです。同アプリをインストールしたiPhoneのカメラ映像をリアルタイムでi'm WATCH側で見れ(Bluetooth経由なのでカクカクですが)、i'm WATCHからシャッターが切れるアプリです。下の画像、MacBook Pro上に置いたアナライザーをiPhoneで見て、それの映像がi'm WATCHに来ているの図です。i'mWATCHの画面にPhotoボタンがあり、それをタップするとiPhone側のシャッターが切れます。


同アプリでi'm WATCHの画面を見た状態。タイムラグが逆に面白いです。


iPhoneで電話発信しようとすると、この様にどの端末で通話するか聞いてきます。もちろんi'm WATCHから発信、i'm WATCHでハンズフリーで通話も出来ます。


本体右側面に唯一あるボタンをかなり長押しすると工場出荷状態に戻すモードが起動します。


で、これは自作してインストールしたiPhoneロック画面風時計。(この詳細は前回アップしたこちらをどうぞ)


以下、入れてみた画像です。まずはiOS 7 ロック画面風。picasa内の画像をビューワーアプリ経由でダウンロードという感じです。i'm WATCH単体でweb接続は出来ず、常にBluetooth接続したiPhoneのテザリング経由になります。


リンゴマークだけとか。似合いますね。


さんざんnano時計に入れて遊んでいたデジボーグとか。これも違和感ないですねぇw


nano時計もしくはなかなか出ないiWatchに代わる「オリジナル時計を入れられる端末」としてしか扱っていないので、通話機能とか、メール等、あまり試してないのですが、、、以上ざっくりなi'm WATCHのご紹介でした。

2013.9.11. 追記こちらにi'm WATCHにスイス国鉄の時計を入れたことをアップしましたのでよろしければどうぞ。動画は以下になります。stop2goの機構入りです。