2013年8月18日

Kさんの時計

先日、SICURA-MENメンバーのKさんに最近入手した時計の画像を頂きましたのでアップさせて頂きます。
まずはZODIACのASTRODIGITと同じモジュールのCANDINOのデジタル時計。どこかのデジカメの様なBOX&CIRCLEなデザインですね。過剰なマイナスビスがまた良いです。


初代Gショックにしか見えないシチズンのデジタル。80年代でしょうか?こんなの出していたんですね。さすが、シチズン。


セイコーのアナログ時計。通常は2針のアナログ時計ですが、竜頭を回しクロノグラフモードにすると、、、


この様に2 本の針が12時位置に移動し、スタートボタンを押すと長針が秒、短針が分を刻みます。アラーム機能等も備えており、多機能ながら必要最低限のパーツ点数で非常にシンプルなデザインにまとめられた良いデザインだと思います。


次はデータバンク機能も備えた80年代の計算機付き時計。チープな感じではありますが、そのオリジナルな14セグの液晶表示が良いです。


アルファベットを表示した状態。Bとか良いですね。


最後、INOKI X。2000年頃の製品でALBAスプーンwebをベースとしたアントニオ猪木のキャラクターウォッチです。そのでかさとデザインにもインパクトはあるのですが、極めつけは、その右側に突出した操作スイッチです。


なんとアントニオ猪木の顔になっています。アゴがかなりとんがっている為、操作性も良い様ですww なんかMARVELのキャラの様ですね。


猪木の時計はかつてGショック版もあったり、いまだにこんな時計も売っている様ですね。さわやかなビンタの手形の時計とかよいですw

以上、Kさんに頂いた時計の画像のご紹介でした。最近私は買ってないですねぇ。。。