2013年9月16日

i'm WATCHで地図アプリ起動

先日のWIREDさんの記事、とりあえずi'm WATCHを忘れているということ、ハンズフリーで地図を見れるGoogle Glassとは訳が違うのだよということ、またスマートウォッチにMap機能が入ったところでキラーアプリにはなりえないのだよ、と、いろいろつっこみどころが満載なのですが、、、とりあえずi'm WATCHでは他のスマートウォッチには無い(らしい)地図アプリがあるのでそれを起動した状態をアップします。
ただ、i'm WATCHにはGPS機能が無いので現在位置情報はiPhoneからテザリングを介してGPS情報をもらう必要があります。
i'marketから地図アプリのwatchMapをダウンロードし起動、iPhoneにはTexaGPSというiPhoneのGPS情報をテザリングで吐き出すアプリをインストールし起動、Bluetoothでテザリング開始するとiPhoneの位置情報に基づく現在位置をi'm WATCH上で見ることが出来ます。
下の画像、それぞれのアプリを起動した状態です。


こんな感じに見れます。渋谷のスタバの前に立っている感じですかね。(外は台風で凄い事になっているので実際、今ここにいるわけではありませんw)


右の+−ボタンをタップすると拡大縮小、左上の青いボタンで現在位置に戻ります。スワイプでマップのスクロール等もiPhoneの地図アプリ同等に出来ます。外を歩いての追従性は追ってアップ出来ればと思います。


ただ、i'm WATCHは何もしなくても毎日充電が必須なので、テザリングしながら地図を見ていたらあっという間にバッテリーは無くなってしまうことでしょう。エネループ等を接続しながら腕に巻ける、エネループ収納機能付きの専用時計バンドとか作ると良いですかね?テザリングで電源も供給出来ると良いのですが。。。

とまぁ、実際に使えるかと言えば「iPhone見ればいいじゃん」な訳ですが、それを言ったら腕時計自体不要な訳ですし、スマホがいかに多機能化しようが、腕に巻く物の多機能化はやっぱ、無条件にワクワクします。

・・・以上、i'm WATCHの地図アプリのご紹介でした。あ、「ワクワク感」で言えばスマートウォッチのキラーアプリの1つと言えるかもしれませんねw