2013年10月30日

ソニーのレンズ型カメラDSC-QX10

K君がソニーのレンズ型カメラDSC-QX10を買っていたので見せてもらいました。 iPhone 5sのゴールドに合わせたホワイトモデル。なんか、スゴイですね。


側面。くわえる部分はかなり余裕があります。そのうちこのカメラのつくマウントが付いたiPhoneカバーが出ることでしょうね。この状態で首から下げられる吊り環付きで。


底面にはちゃんと三脚穴もあります。ソニーは良くこんなカメラ作りましたねぇ。一番喜んでいるのは3Dもしくはステレオ写真マニアな方々かと思われます。(カメラの左右幅がレンズ幅しか無いので、他のデジカメでは物理的に不可能だった65mmの眼幅にこのカメラを並べることが出来るので)


iPhoneから切り離しての撮影風景。デジカメ本体でアングルを探しながら、iPhone側でレリーズ。これは意外と物撮りに良い気がしてきました。どんなアングルで撮ろうと手元の大きい液晶のiPhoneで画角を確認しながらレリーズ。写り込みもカメラが小さいので少なさそうです。


下の画像は上の状態で時計を撮影したオリジナル画像のセンター部分を800x600で切り出した画像です。画処理はしていません。うーん、結構良く撮れますねぇ。


普段はiPhoneでの撮影で十分ですが、私的にはこういった物撮り用のデジカメ、というかiPhoneの「サブレンズ」として欲しくなってきました。光学10倍ズームもiPhoneには無い機能ですし、、、どうしましょう。ちょっと真剣に考えます。

・・・以上、ソニーのレンズ型カメラDSC-QX10のアップでした。