2013年12月14日

Pebble Watchで初代デジアナを作ってみた。

デジボーグに続き、今回はシチズンの初代デジアナを作ってみました。昔、国産デジタルのムック本を出した身としては作らざるを得ませんw 右下の小窓は本来秒表示ですが、ジェネレーターが秒単独でのレイアウトに対応していないので、日にち表示としました。逆にその方が実用的かも。それにしてもこの7セグ風のフォントが相変わらずイマイチですが、ジェネレーターではこれしかないのでしょうがないです。作れるだけでもありがたいことですので、感謝して使いましょう。


オリジナルはもっと細かい表示があるのですが、解像度168x144でどこまで省略するかが悩みどころです。で、作っていて気がついたのですが、このデジアナのアナログ部分の窓って正六角形ではなかったのですね。左右の角の角度が若干開いてます。


ついでにこんなのも作りました。平行四辺形の窓を下に追加し、曜日表示もさせてみました。これもジェネレーターの文字の左右方向のレイアウトが融通が効かずイマイチですが、とりあえず完成。


フォトショでの制作風景。イラレでざっくり窓の形を作った後にフォトショに持っていき、アンチエイリアスを効かせないドット打ちでデザイン。ちまちま1ドットずつ打つのも久々で楽しいですね。結局文字もこのフォントがイマイチなので、自分で全てドット描きしました。


最後にオリジナル2本と撮影。(左のシルバーのデジアナ、バッテリー入れてなくてすみません。)シチズンさんでも昔復刻モデルを出していましたが、30年以上の時を経て、ここにフル液晶でスマートウォッチとして復活。(ちなみにオリジナルのデジアナのカレンダーは西暦が2009年までしか設定できません。)


以上、シチズンのデジアナをPebble Watchで作ってみた、のアップでした。