2014年3月29日

MONDAINE stop2goを見てきた

久しぶりにPebble以外の時計の話題を。先日、やっとMONDINEのstop2goを見てきたのですが、、、いまいち残念な感じでした。何が残念って、まず肝心の秒針の色が「ちゃんと赤くない」んですよ!赤というよりは赤みが少し抜けた朱色な感じで下記2枚目の画像が現物に近い色合いです。(もしかするとオリジナルが実はこういった色でそれを忠実に再現してたりするんですかね?もしくは製品によりばらつきがあるのでしょうか。。)また新デザインとなるケースの出来は全体的には良く出来ているのですが、下の画像、赤い矢印部分の本体からラグに繋がるトップ面の仕上げ具合がイマイチだらしなく(本体側トップの平面がピシッと2次曲面でラグに繋がっていってない、要は仕上げの磨きがダレた感じでハイライトが歪む)てダメです。安い時計ならまぁこんなもんか、なのですが、7万以上もする時計だったらこのあたりはピシッと仕上げて欲しいものです。ここは他のモデルにはないこのstop2goオリジナルなディティールなだけに、惜しいです。(各画像の12時位置の赤い円と6時位置のstop2goの文字はガラスに貼られた傷防止シールに印刷されたものです)


面の歪み具合はこの画像の矢印のあたりが判り易いと思います。手に取って角度を振るとハイライトが歪んで走ります。。ただ、webを検索するとまともなものもある様なので、仕上げにかなりバラつきがあるのかもしれません。


1段引き出してのレバー操作のリューズの操作感はなかなか良いです。ただ、リューズは未使用時は常にツマミ部分が水平を保っているわけでなく、回すと回転します。定位置が無く、回転するのにレバー操作が出来る不思議な機構ですが、ここもstop2goのデザイン上のアイキャッチなポイントでもあるので、時刻合わせ後リューズを押し込んだ後はきちっと水平なポジションにしておくのが良いでしょう。

スイープセコンドでないという、根本的に残念なstop2goなんですが、それに加えてオリジナルなデザインのキモとなるディティールの仕上げが惜しい時計でした。この時計自体は好きなんですが、、、うーん、惜しいです!