2014年4月20日

Pebble Steelのベルト長さ調整方法

完全にアップする時期を逸してしまったのですが、とりあえずアップしておきます。Pebble Steelの金属ベルトの長さ調節をした時の様子をアップします。私は腕時計は何百本か持っているのですが、実は自分でコマはずしをしたのは初めてでした。いかにアンティークな時計(既にある程度ベルト長さが調整された時計)ばかり買っていたか、ですね。

Pebble Steelの金属ベルトは板バネ形式で連結しているので、マイナスドライバーやバネ棒はずし等で簡単にコマはずしもできるだろうと思いきや、意外と硬くて、びくともせず、これ以上力技でやると傷を付けそうだったので、結局板バネはずし用の専用のヤットコを買いました。アマゾンではこちら で売ってます。セイコー純正の板バネアジャスト用ヤットコです。ヤットコっていいですね。なんでヤットコって言うのでしょう?
で、購入したヤットコが下の画像です。先端に微妙に段差が有り、長い方を板バネの後端の方に入れ、挟み込む様に使います。



赤い矢印の部分に長い方の先端を入れ、反対側の先端で青い矢印の部分を押さえながらヤットコを閉じて行き、緑矢印部分で球状に出っ張っている部分を青矢印部分の下をくぐらせていきます。



この様に挟み込み、ぐいっと閉じると、


板バネの球状の凸部分が顔を出しますので、ここまで出たらあとはマイナスドライバーなどでするっと引き出します。


2カ所引き出し完了な状態。さすがに専用の工具を使うと簡単です。


コマを外した後、再び連結した状態。私は時計本体下側2つ、上側3つはずしました。この位で私の腕にはちょっとゆるめに巻ける感じです。


最後にベルトを本体に固定している状態。マイナスドライバーでキズを付けない様に注意。


完成した状態。思ってたよりはまぁ、いい感じですが、やはり薄っぺらな感じですね。それとやはりコマの隙間が広く時々腕毛が挟まり痛いですw
  

小さいマイナスドライバーをあてて後ろからトンカチで叩く等、力技でやればできるかもしれませんが、ここはやはり専用の工具にまかせた方が圧倒的に楽です。3,000円程の出費はありますが。。時計屋で頼むといくら取られるんでしょうね?
以上、Pebble Steelのベルトコマ外しのアップでした。と言いますか、これから夏に向けて最初から付いていた革ベルトはつらく、かと言ってこの専用の金属ベルトも付けてみたら薄っぺらだし、腕毛も挟まるし、そもそもこの3連のラグがやはりカッコワルイ、と言う訳で最近、Pebble Steelに好きなベルトを付けることを可能にするアタッチメントを作るのにはまっている次第です。
追記:マイナスドライバーでぐいっと押せば簡単に外せる方もいる様なので、板バネの着脱の硬さ具合は個体差がある様ですね。