2014年5月24日

Pebble Steel用ベルトアタッチメント続報その9 完成!

Pebble Steel用のベルトアタッチメントの量産(と言う程の数ではありませんが)が上がり、順次発送中です。お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました。物自体は非常に良い仕上がり具合です。



シルバーバージョンも輝度の高い非常に良い感じのアルマイト具合に仕上がりました。


で、試しに黒Pebble Steelに付けてみたら、思いのほかいい感じです。


これはこれでよいかも。こうなるとカラバリとか見たくなりますね。


しかし、ブラストを微細にした分、トップ面は非常に奇麗なのですが、側面等に切削目が微妙に残ってしまっています。しかしそれを消す為にブラストを粗くすると、この高輝度感が損なわれ全体が安っぽくなってしまうので、Pebble Steelのステン外装に負けないトップ面の高級感優先で今回はこれで良しとしました。(当然、NC切削後、より研磨をすれば消えるのですが、工数とコストのバランス上これでOKとしました。)
また、バネ棒の入る穴ですが、私が寸法取りをしたバネ棒よりも直径が太い物があることが発送直前に判明し、急遽私が極細の丸棒状の金属ヤスリで穴を微妙に広げる作業をしました。まさか、バネ棒の先端部分の太さが統一されていなかったとは、、ほんのコンマ数mmの違いですが、長年時計をいろいろ所有してきて今回初めて知りました。(私が採寸したバネ棒が太い方だったら良かったのですが。。)

という訳で、今回の完成版黒バージョンを黒Pebble Steelに付けてみた図です。


形状はファーストロットのものと同じですが、表面のブラスト処理がよりキメ細かく、ツヤもよりPebble Steelに合う様になりました。


背面から見ても最初からこうだった様な一体感です。


最後にもうちょっとひいた斜視を一枚。このマルマンのシリコンベルトが良く似合います。自分でデザインしたwatchfaceに自分好みのベルトに付け替えられる本体という、「デジタル時計としてほぼパーフェクト」なものとなりました。素晴らしいー


以上、Pebble Steel用ベルトアタッチメントの続報、完成のお知らせでした。

★現在このベルトアタッチメントは販売していません。すみません。。