2014年8月9日

トランスフォーマー、LOCKDOWNキタ

トランスフォーマー4、ロストエイジが今日から上映されてますが(サイトはこちら)、それに登場する新キャラ、アヴェンタドールに変形するLOCKDOWNを購入したのでアップします。

まずはロボ状態。顔がちと怖いです。最近の映画でのトランスフォームは、もうなんでもありな変形具合(タイヤが消滅するとか)なので、物理的な変形を成り立たせつつ映画のキャラを再現しているおもちゃは偉いです。(amazonはこちら )


まずは、予告編のYouTube。この予告編野冒頭20秒のあたりでLOCKDOWNの変形が見れます。



また、こちらではLOCKDOWNのコンセプトモデラーVITALY BULGAROV氏によるLOCKDOWNのカッコイイCGが見れます。(現状、本人のサイトではトランスフォーマー系の画像は残念ながら削除されています)さらにこちらはイギリスの学生によるアヴェンタドールのトランスフォームCG。なんか、カワイイ。オートボットだったらこんなキャラになってたかも。

・・・というあたりを踏まえたところで、まずはパッケージから。



パッケージ背面。対象年齢は5才以上とありますが、絶対変形途中で壊しますね。


上半身クローズアップ。分割されたアヴェンタドールのヘッドライトのあたりのパーツがかつてのバンブルビー等と違い、下にもぐりこんでいるあたりが新しいですかね?ていうか、映画のLOCKDOWNにはこんなアヴェンタドール臭のするディティールは無いのですが。。



背面。背中にフロントガラスやボンネットを背負ってます。



で、アヴェンタドール状態。結構良い造形です。ちゃんとバックミラーもあります。しかし、なんでこんなウエルド出まくりなメタリックモールドにしちゃったんでしょう?まだ映画は見ていませんが多分本編でもマットブラックだと思うのですが。。素直にマットブラックで作って欲しかったです。(それはそれで塗装でもしないかぎりツヤムラが出まくりで、より安っぽくなるかもしれませんが。)


背面。エンジンフードのガラスの断面は平面でした。また変形後のロボ状態では腕になるドアには邪魔になりそうなガラスはありません。



裏面は相変わらずこんな。顔がバルキリーのそれの様に見えます。



ここからアヴェンタドールからのトランスフォーム具合です。まずはテールランプのあたりを左右に分割して後輪の方に持って行きます。マフラーもかまわずど真ん中から分割されます。



ドアからがばっと左右に開きます。まぁ、このトランスフォーム具合は以前にもある方法ですね。



フロントガラスとボンネットのあたりをエンジンフフードの上にがばっと、



で、顔から足のあたりを起こして、


胸から下をぐりっと180度回転させ、



背中側と正面側をぐいっと近づけ、くっつけ、



膝から下を90度回転、つま先を前に向けるなどして、完成。



 正面からだとこんな。手のひらは開閉しません。


バンブルビーよりは無理のない変形でした。



以下はついでに撮ったカット。左から1/24のプラモ、LOCKDOWN、缶コーヒーのオマケ、USBメモリー、です。(あ、トミカ忘れた。。)


背面から。LOCKDOWN、負けてませんね。


以上、アヴェンタドールに変形するLOCKDOWNのご紹介でした。横浜ではトランスフォーマー博も始まった様なので、そちらも見に行きたいと思います。