2014年9月19日

歴代iPhone、初代から6までの大きさ比較

本日 (2014.9.19.) 発売されましたiPhone6、事前予約制だった為、これまでの様な緊張感(数百人の列にその日に買える確約も無く列に数時間並ぶ)もなく、発売開始の10分前の7:50には既にヨドバシのカウンターで購入手続きをしてました。私的には心は既にApple Watchなので、今回の6への機種変は殆ど思い入れのない通過儀礼の様なものです。(6がカッコワルイからというものありますが。)

ということで、とりあえず初代から6までを並べて撮影してみました。(SとかPlusという中途半端なのはありません。)左から初代、3G、4、5、6です。人の手の大きさは変わらないのにどんどん大きくなってきてます。


同、背面。(4はカスタマイズで透明カバーにしたままですみません。)


斜視。どんどんつぶれて伸びていってます。


背面斜視。物理キーレイアウトは初代からずっと変わらなかったのが、6で残念ながら上面にあった電源ボタンが側面に移動しています。6Plusでさすがに指が届かないからの配慮かと思われますが、ポケットに入れた時に下側になる上面にボタンが無くなったのは良いことかと思います。(まぁ、誤動作したことはありませんが)


側面。角Rのせいもあり、6が圧倒的に薄く見えます。ちなみに初代の厚さが11.6mm、6の厚さは6.9mmです。


置いたら自立しましたw


で、6の何がカッコワルイって、ひとえにこの見切りのラインですね。下の5の時も中途半端なパーツ分割が嫌いでしたが、今回の6はそれ以上に酷いと思います。Wi-Fi等の電波受信対策としての一部モールド外装化の為のディティールなら初代の様な潔さでできなかったんですかねぇ。。プロダクトとしてのパーツの合わせ具合は素晴らしいのに。。。


ということで、初代と6を比較してみます。


初代の背面のディティールのシンプルさ、良いですねー。マークニューソンさんが次期モデルをカッコよくしてくれることを期待しましょう。


6の方が圧倒的に高性能ではあるのですが、モノとしての「愛でたい」感は初代が上です。5の時の比較の時も書きましたが、全てのモデルの中で一番手にしっくりくるのはやはり初代です。


ボリュームスイッチが丸から細い縦長になったことで、フルRの断面形状と共に、より初代っぽくなってます。初代っぽくなってきた分、より背面のディティールが残念でなりません。


以上、歴代iPhone大きさ比較のアップでした。

2014.10.18.追記:箱の画像も撮りましたので引き続きアップします。まずは正面から。左から初代、3G、4、5、6です。左右幅と高さは4が一番小さいです。言うまでもなく6が一番背が高いです。6の箱には製品画像がなくシルエットのエンボスのみです。5まで踏襲してたデザインを6でやめてしまう程、6のデザインが革新的だとは思わないのですが。。


薄さは6が5よりも微妙に薄くて一番。6の箱にはこの面にはリンゴマークがありません。


斜視。やはり4のケースが一番コンパクトに見えます。


あまりネットに出て来ない背面の画像。(シリアルのあたりモザイクかけてます)まぁ、ほぼ同じですね。


蓋を開けた内装。トレイの素材等異なりますが、構成はほぼ同じ。(6のトレイのみ突出したレンズ部に丸い穴があります)ここまでモデルチェンジを繰り返してきながらほとんど変わらないパッケージングというのはすごいです。上蓋の裏には初代と3Gにはスポンジが貼られていますが、4、5は本体のシルエットのエンボス加工のみ、6では何も無くなってます。


以上、箱のアップでした。