2014年9月4日

Pebbleでヱヴァ時計作った

今更ですが、毎週末ヱヴァがテレビでやってるので作ってみました。アンビリカルケーブルが切れて活動限界をカウントダウンしてるモニター風なPebble用watchfaceです。
縦レイアウトで同様なものを作ってる方は何人かいらっしゃるので、私は横レイアウトで作ってみました。私的には初の横レイアウトのwatchfaceです。
1/100秒でカウントダウンしてる訳ではないので妙に緊張感はありません。ていうか秒表示はやめ、日にち表示にし、下の方にスペースが余ったのでATLAS2で作ったバー状の曜日表示を移植しました。


腕に巻くとこんな。なかなかよいです。


制作風景。セブンセグメントからドット打ちでおこしました。プログラミング自体は他の流用で画像差し替えと各画像の座標を変更しただけなので、実質の制作時間はそんなにかかってません。


Pebbleにインストールした状態(最終のちょっと前バージョン)と目指すシーンのスクショ。スクショにある「主電源供給システム」の表記もwatchfaceに入れてはいますが、ここだけフォントが小さすぎて(4pt)、Pebble上では判読不可能です。


ヱヴァはビジュアルは好きなので、最近watchfaceネタも無くなってきたので作ってみた次第です。AppleからiWatchが出て、自作時計のインストールが出来る様だったら、きっとこれらも(デジボーグ等も含めて)フルカラーで作り直しているんでしょうね。。