2015年4月25日

Apple Watchにデジボーグ等キタ!

iPod nanoに腕時計表示が内蔵されてから約5年、nanoの腕時計化ケースをデザインしたりとか、次のnanoではこうなってくれとかいろいろしていましたが、本日やっとnanoの腕時計化という中途半端な仕様でなく、Appleブランドの新デバイス、「腕時計」としてめでたく発売となりました。嬉しいですねー。で、Apple Watch発売日の4月24日の昨日、ソフトバンク表参道にて予約したApple Watchを無事購入してきたのですが、試着開始初日をはるかに超える報道陣で私も何度かインタビューされたり、相変わらず並んでる様を勝手に写真撮られまくってたので、きっとどこかのニュースには登場しているかと思われます。

ということで、Apple Watchの画像をざっくりアップします。と言っても既にあちこちで開封の儀らしき画像はさんざんアップされているので、そうでない当ブログらしい画像をアップします。まずはデジボーグ in Apple Watch、キタ!


青のバックライトバージョン。(有機ELなのに!)


オレンジのバックライトバージョン。(データはi'm WATCHの時のものをリサイズしただけです。本来ならApple Watchの画面アスペクト比に合わせてもう少し上下に長くすべきです。)


トロとか。(カラー化したらドット絵のトロでなくCGのトロを入れるべきですね。)


Pebbleに入れてるエヴァっぽいもののカラー化とか。


Pebbleに入れてるトンコさんとか。モノクロ文字盤は黒いApple Watchに似合います。


同Pebbleに入れてるクラシックなデスクトップとか。


・・・と、時計としては機能していませんが、390x312の画像を準備し、iPhoneに入れ、Apple Watchと同期すればこの様に写真を見る状態で、前にnano時計でさんざんやってた一見オリジナルのwatchfaceが入れられた風に見せかけることができます。

ちなみに液晶にフル画面で画像を表示するとこんな感じですので意外と液晶面は広いです。


最後にApple Watch自体の画像も少しだけ。プレーンで良い感じですね。初代iPhoneの様な丸さ具合です。


背面を見るとアルミのソリッド感が感じられます。


収納されていたプラスチック製の箱。白の成型ツルツルはちょっと数世代前のAppleっぽいです。


ものすごい肉厚の成型でずっしりときます。プラスチックに重さで高級感を付加しています。


以上、ざっくりApple Watchの画像のアップでした。