2015年4月29日

直射日光下のApple Watchの視認性

天気が良かったので直射日光下でのApple Watchの視認性についてアップします。ついでにPebbleも一緒に腕に巻いて撮影してみたのですが、、、案の定、Apple Watchはピーカンの直射日光下で空が文字盤に反射してる状態ではかなり見にくかったです。(屋外は大抵日陰ですし、日差しももっと弱いので普段はもっと見やすいです。またサファイヤクリスタルのステンのApple Watchの方だと見えは変わってくると思われますが、未確認です。)
で、一番見えにくい状態でこんなです。


ちょい角度を振ってもこの位の見え。


ミッキー時計も直射日光下ではこの位の見え。


日陰になる様ににすると少し見やすくなります。


という様に、思ってた以上にApple Watchは直射日光下では見にくかったです。有機ELなので通常のバックライト点灯による液晶よりはマシかと思ったのですが、、、直射日光下での文字盤の視認性はやはり電子ペーパーディスプレイのPebbleが圧倒的に上でした。常に点灯してますし。(まもなく発売されるカラー化したPepple Timeも同じ電子ペーパーディスプレイなので、結果は同様かと思われます。)こんなドピーカンの直射日光下で時刻確認をする機会はそう無いかもしれませんが、これから夏に向かうので今よりは機会は多くなりそうです。・・・以上、直射日光下でのApple Watchの文字盤の視認性についてのアップでした。

2015.5.2. 追記・・・最初の画像、あまりに見えにくい状態だけだったので、ちょい角度を振った画像を追加し記載内容少々修正しました。