2015年5月9日

STD2、バージョンアップ(追記しました。)

リクエストを頂いたのでPebble用のwatchfaceのSTD2をバージョン2.3にアップデートしました。(ダウンロードはこちらからお願いします。)
時刻の「時」表示から0を取り除き、これまで5時だったら05と表示していたのを5のみ表示する様に変更しました。時表示が1桁の時も0を付けて2桁にしていた方が全体のバランス的に良いかなと(常に時刻表示は左右幅フルに使った4桁表示)そうしていたのですが、見易さの点では確かに0は無い方がすっきりと見やすいので、変更しました。また充電中の表示もこれまでドットを消してBATT.CHARGINGと表示していたのですが、このバージョンからBATT.CHARGINGはドットの上に出る様にし、常にドットが表示される様に変更しました。これでPebble Steelの充電ステイタスLEDの様に、今どれくらい充電されたかが解る様になりました。下の画像は充電中の状態です。ほぼ100%に近い充電状態で、この後充電が完了するとコネクターが付いたままでもBATT.CHARGINGの表示が消えます。


WATCHFACE STOREのページにも同様のアップをしましたので、Pebbleユーザーの皆様、宜しければお使い下さいませ。引き続き無料です。
以上、watchfaceのバージョンアップのお知らせでした。

2015.5.9.追記・・・なんと、バッテリー残量が9%以下だとクラッシュする(Pebble本体でなくこのwatchfaceのみ)ことがあるバグが見つかりましたので、修正バージョンV2.4アップしました。大抵そこまでバッテリーが少なくなる前に充電していたので気付きませんでした。すみません。旧バージョンは捨てての再ダウンロード、お願い致します。