2015年5月30日

Apple Watchスタンド 続報その2。試作完成!

Apple Watchスタンドの試作が上がってきました!いい感じです。



反対側面から。ほぼイメージ通りです。5mm厚のアクリルはかなりしっかりしています。



正面から。 iPhone 6 Plusも置けますが、ギリギリなので左に少し大きくした方がいいかもしれません。


手にとるとこんな。一番心配した充電コネクターも浮き上がることなく心地よくはめ込まれています。


Apple Watchは右側面からするっと入れます。ある程度入れるとコネクターの磁石で引っ張られピタッと固定されます。


iPhone 6の上部をこの様に押しても(棚の角度がかなり上を向いので)棚から滑り落ちないので、このスタンドに置いてのiPhoneの操作も問題なくできます。


試作現場でのカット。出来たてのホヤホヤで熱を加えて曲げた角はまだ暖かいです。


やはり3Dプリンター出力物とは比較にならない綺麗さです。


アクリル職人さんによる制作風景。曲げ部分に熱を加えているところです。この様に1つ1つ職人さんの手作りとなります。


以上、試作品完成のお知らせでした。現状iPhoneの背面に付けるタイプの一般的なケース装着では問題ないのですが、最近利用者が増えてきた横開きの手帳タイプのケース等、厚めのケース使用時にはちょっと棚の奥行きが足りないかもしれませんので、棚の奥行き方向の寸法を少し増やす等、更に改良を加えて最終形状をFIXし、コスト見積もりをし、量産化に向けて検討していこうと思います。・・・続報は順次アップしていきますのでお待ち下さいませ。

2015.6.6.追記・・・続報その3に続きます。