2015年6月29日

Back to the future デロリアン型のiPhoneケース

iPhone 6用のバック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンのケースが届いたのでアップします。いやー、重くてデカくて使いにくくてポケットにも入らず到底普段持つ気にはならないんですけど、、、カッコイイですw


ケース自体にバッテリーを内蔵していてスイッチを入れると青い部分が光ります。ヘッドライトは着信で光ります。


デロリアンにしてはヘッドライトがデカイです。ボンネットのカメラ用の割り線がイマイチ。


サイドビュー。ボンネットから上はかなりぺちゃっと潰れてます。タイヤは下を向いていて飛行状態ですね。


ディティールは結構作り込まれています。


iPhone 6と並べるとこんな。


裏面、と言うか、iPhone側はこんな。


 蓋が開いて各キーにアクセス可能です。


カメラ部。ボンネットを左にスライドさせるとカメラが出て撮影できる様になります。(画像はiPhoneは入ってません)(2015.6.30.記載内容修正しました。)


iPhoneを外した状態。中央にバッテリーを入れる蓋があります。


エンジン部分を外してiPhoneを入れます。中に見えるのは青いLEDを点灯させる為のスイッチです。エンジン部分を装着後、このスイッチに連結するエンジン部上部の四角いスイッチを操作してLEDのオンオフをします。


スタバのケースと iPhone 5用アイアンマンケースと並べてみました。アイアンマンケースが当時はかなりでかく思っていたのですが、デロリアンケースはその比ではないデカさですw


既に完売状態ですが販売サイトはこちらです。・・・以上、iPhone用デロリアンケースのご紹介でした。このケース用のiPhoneアプリとか作りたいですね。

2015.6.30. 追記・・・twitter経由でご指摘を頂き(ありがとうございました)、カメラ部に関する記載内容修正しました。初アップ時、「扉部がレンズにかかり撮影がちゃんと出来ない」と記載をしましたが、カメラ部の扉をちゃんと開ききれば扉部にけられずに撮影することができました。謝った記載、申し訳ありませんでした。・・・それにしてもかなり力を入れて「ガチッ」と音がして固定されるまで開かないと上の画像並に開くことが出来ないので(なので気付きませんでした。)ちょっとロックが固すぎな気もします。。逆にアイアンマンのケースはゆるゆるすぎて横持ちですぐカシャッと閉じちゃって困ってましたが。。