2015年7月13日

Apple Watch・iPhone充電スタンド 続報その6。

先日量産品の形状確認をし、web掲載用の撮影に立ち会ってきました。形状はFIXしてますので、後は販売用のwebサイトの準備を残すのみです。現状こんな状態ですので、申し訳ありませんが発売はもう少々お待ち下さい。すみません。下は量産品の画像です。右手前にUTDESIGN / TOM PRODUCTSと入っています。画面点灯させたiPhoneとApple Watchを置くと見栄えの良い画像になりますね。


Apple Watchが発売されてからもうすぐ3ヶ月、毎日使っている方はもちろんですが、そろそろ飽きてきたという方も毎日の充電の手間が楽になる当スタンドを使用すればまたApple Watchを継続して使ってみようという気にさせてくれると思いますし、もしくは既にもう腕に巻くのヤメたよ、な方はこのスタンドにApple watchを常設し「Apple Watchの置き時計付き iPhoneスタンド」という使い方もできます。

で、Apple Watchは秋のwatchOS 2化でナイトスタンドモード(Apple Watchを横置きにすると表示が横画面になり置き時計の様になるモード)が追加されるので、それに対応したデザインに変更しようか??と最後の最後でデザイン変更の検討したのですが、、何しろカッコ悪く、結局ナイトスタンドモードでも画面タップしないと時刻表示しない=現状と変わらない、に加え、横置きは他の機能をスタンドに置いての使用がやりづらい(と言うか横置きにするとナイトスタンドモード以外受け付けない?)ので却下し、素直に現状のままとしました。ご参考までにその検討画像です。



Apple Watchにカバーを付けていた場合、横置きだと上下位置が変わる為、その対策として充電ケーブルの丸穴は上下にある程度動く様にしてました。


やっぱなんともカッコワルイですね、ということで現状の形状に落ち着きました。・・・以上、Apple Watchスタンドの続報でした。