2015年7月10日

新watchface " TECHNO2" アップしました。

前に作ったPebble用のwatchfaceのTECHNO 01をカラー化&リデザインしました。ダウンロードはこちらからできますのでよろしければどうぞ。



前に作ったのはこちら。そもそもこれはジェネレーターで作ったので、これ風なのをデジボーグのプログラミング流用で作ってみました。アナログ表示は面倒なのでやめましたがその分、秒表示のバーのアニメーションがあります。(これもデジボーグの秒表示のプログラミングの座標変更しただけですが)その他、なるべく余分な表示は削除し、極力シンプルにまとめたつもりです。有料、無料のバージョンももう面倒なのでやめました。


とりあえず動画も撮りました。ピントが甘く、秒の動く様が見れるだけですが、こんな感じでデジボーグのバーを直線にした様な秒表示があります。



充電ケーブルを接続し、Bluetooth接続を切った状態。この様にバッテリーバーに赤い稲妻マークが出て、Bluetoothマークに赤バツが付きます。最初は充電中も充電状態に応じたバー表示をしていたのですが、どうも挙動が怪しい(同じプログラミングで初代Pebble等は問題無かったのですが、Timeではどうも充電中のステイタスとケーブルを外した状態のステイタスが何故か一致しません。)ので、充電中のステイタスバーの機能はとりあえずやめました。



検討したカラバリなど。そもそも黄x青の組み合わせって趣味じゃなかったのですが、意外とPebble本体で表示すると適度に彩度が抜けていい感じだったのと視認性の良さで、現状のカラーリングに落ち着いてます。で、この「適度に彩度が抜ける」が曲者で、フォトショ上とPebble Timeで表示した状態とかなり異なるので、慣れるまで苦労しそうです。(ちなみにAppstoreにアップしたgifアニメは本体表示状態に合わせて彩度を落としています。)



しかし、さんざん検討して出来たwatchfaceの.pbwのデータ容量が25KBって、今どきすごいですね。。以上、新watchfaceを作ったお知らせでした。よろしければ是非使ってみて下さい。