2015年9月29日

背面だけNATOベルト化パーツを作った

Pebble Time用に新しい革ベルトを買ったのですが、これまでいわゆるNATOベルトをしていたので、時計本体背面が腕に直に触れることが無かったのですが、普通の革ベルトにすると本体が腕に直に触れる様になり、マットホワイトのPebble Timeは一発で汚れてきそうなのと、夏は過ぎましたが汗で背面の接点が腐食してしまうかも(Pebbleでは今だにそういった事例は上がってきませんが)、を防ぎたいのでNATOベルトの2重構造になってる背面部分切り取り、汎用ベルトにも付く様にした、こんなものを作ってみました。


以下、制作工程です。まず買ったベルトはこちら。(amazonはこちら )1,950円という価格の割には厚めで細かいシボ感もいい感じです。


で、付けようと思ったんですが、この本体の真っ白さ具合に「うぅ、やっぱ汗っかきな私が直に付けたらすぐに汚れそうだな・・・」と気が引けたのでした。(ので、Pebble Timeは到着後すぐにNATOベルトに付け替えずっと使用してました。)


 で、一旦NATOベルトに戻し、眺めていたら思いついたので、(私が買ったNATOベルトはこちら 。金具部分も黒くておすすめです。)


早速、NATOベルトをカッターで切断し始めました。


切断と言っても2重構造部分の切断だけなのですぐです。残ったNATOベルトの方はこれはこれでそのまま使えます。そもそもPebble Timeのベルト通し部は狭めなので、この状態で使用しても本体位置はほぼ固定されますし、ベルトを持っても本体がベルトからするっと抜け落ちることもありません。


で、切断面をほつれない様にライターであぶって溶かし、(ベルトの素材によっては出来ませんので注意)


切断した方に金具が付く様に縫い付け、


完成しました。背面だけNATOベルト化パーツ。


で、ベルトに通し、(結構ギリギリでした。反対側はバネ棒をはずして通します。)


本体に1枚座布団が付きました。これで心置きなく普通のベルトが使用できます。(まぁ、そもそもこういったパーツはミリタリー系の時計のベルト等で昔からありますが(並べての撮影忘れました)、かなりイメージがゴツくなるのでこちらの方がオススメです。


側面から見るとこんなです。



正面から。シンプルで良いです。(ちなみにこのwatchfaceは1回ボツにしたものの、次回アップ予定のものです。)


隙間はベルトを曲げればできるので、充電ケーブルも問題ありません。逆にNATOベルトよりやりやすいです。


 腕に巻くとこんな。ぱっと見、判りません。


以上、なんかここまで大量な画像でアップするまでもない内容ですが・・・背面だけNATOベルト化パーツを作ったよ、のアップでした。Pebble Time Steel等でも置いた時の本体の傷防止にも良さそうです。