2015年10月13日

全部入りのwatchface、App Storeにアップしました。

Pebble Time Round発売に向けてアナログ時計のデザインを検討しているのですが、なかなかこれだ、というデザインが出来ずにもんもんとしているので、とりあえず以前に作ったCIRCLEと前回作ったROUND_0を合体させて「全部入り」のウオッチフェイスを「テンプレート」として作ってみました。下の画像がとりあえず合体完了して完成したウオッチフェイスです。


アナログによる時針、分針、秒針、デジタルによる時、分、秒、バッテリーステイタス、Bluetooth接続状態、月、日、曜日、バックグラウンド画像(12の数字と6時位置の小さいUTDESIGN表記)を表示しています。アナログの針、青い円周の表示はプログラミングによる描画、それ以外は全て画像を配置して表示しています。(これに天気情報や気温が入り、それぞれが設定でオンオフ出来ると完璧でしょうが・・・私のスキル不足+私が天気と気温を表示させることにあまり惹かれないというのもあり、それらの実装にはまだ時間がかかりそうです。)

ここまで出来ればとりあえずこれをテンプレートとして画像差し替えと座標変更だけで色々なウオッチフェイスが作れると思います。・・・しかし、各表示をアナログ表示部を避け、四隅に表示すると、どうもApple Watchっぽくなってしまうのがなんなんですが。。ていうか、Roundの液晶は丸いので、その中に全ての機能を入れないことには表示できないので、これからこれをべースに円形文字盤を考えたいと思います。

一応、下にベースとなった2つと合体初期の画像、完成版のまとめた画像貼っておきます。


以上、全部入りのウオッチフェイスを作ったよ、のアップでした。(この状態でもとりあえず気が向いたらAppStoreにアップするかもしれません。アップしたらまたここでお知らせします。)

2015.10.17. 追記:リクエストを頂きましたので、ちょっと修正を加えApp Storeにアップしました。現在時刻のアナログ、デジタル表示、バッテリーステイタス、Bluetooth接続状態(接続切れで振動)、月、日、曜日を表示しています。

Free Download / 無料ダウンロードページへ 



で、あまりに何もしていないので、バージョン違いをいくつか作りました。(Bluetoothの接続切れでの振動機能廃止バージョン、バッテリー節約の為の秒表示廃止バージョン、両方廃止バージョンの3つ。)必要でしたらGumroadの方の私のサイトからダウンロード出来る様にしておきましたので、そちらからダウンロードお願いします。(そもそもその位の機能オンオフなら1つのウォッチフェイスで設定画面で切り替えられる様にすべきですが、、、まだスキルが無くすみません。。またGumroadでのダウンロードは無料ですが、任意の金額入力でドネーションして頂くことも可能です。今後の創作活動の励みになりますのでドネーションして頂けるとすごく嬉しいです!)