2015年11月29日

DIGITAL_01をPebbleTime Round対応にしました。

先日やっとPebbleTime Roundが届きました。まずは開封の儀等をアップすべきですが、取り急ぎDIGITAL_01をRound対応にしましたのでそちらを先にアップします。
DIGITAL_01のデザインほぼそのままで円形に収まる様にリデザインしました。腕を振るとバックの色が変わる機能も同様に搭載しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。


Time、Time Steelと3兄弟になりました。(アプリは1:1しか対応しないので、使用しないものはBluetoothを機内モードにする等、切り替えがいちいち面倒です。)Roundは上下2色にするとどうやっても「モンスターボール」と言われるのが目に見えてるので、2色バージョンは作らないつもりです。またBluetoothの振動なしバージョンも追ってアップします。


で、実機を手にして分かったことですが、Roundの解像度は180x180なのですが、実機の額縁の穴が少し小さい(液晶のフルの表示領域よりも狭い)ので、180x180のデータをフルに見せることができません。(ピクセル数で言うと全周2〜3ピクセル分位)ので、180x180ギリギリ外周に指標を入れる等のデザインすると微妙に額縁でカットされた見えになってしまいますので注意しましょう。(この問題、デザインする側からすると非常に面倒なのですが、Pebbleが対応するにしても額縁パーツの穴を少し広げたものに生産途中で差し替えるか、もしくは実表示領域を公表する、とかですかね。。)
以上、DIGITAL_01のRound対応のアップでした。