2015年12月27日

非常にまともなSEIKO 逆輸入クロノ Ref.SSB171P1

Pebbleなことばかりしていたので最近チェックしていなかった逆輸入セイコークロノですが、久々にまたいけてる1本を見つけました。価格はショップにより差はありますが、ほぼ15,000円ってとこです。このデザインで15,000円は極めてコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか。24時間針、60分積算、現在の秒針の3つ目のクロノで、テーパー面に印刷された1/5秒インデックスの外周にタキメーターがあります。これまでの逆輸入クロノ、というより、最近のクロノグラフ時計全般の中でも極めて端正で真っ当なデザインのモデルではないかと思われます。(Cal.6T63、Ref.SSB171P1です。)


すこし横から。webで見た時はプッシュボタンがT型になってしまっているのが「うぅ、なんでまた余計なことを!惜しい!」だったのですが、現物を手に取るとボリューム感のある本体に馴染んでいて、意外と大丈夫した。


正面から。以前にアップした6,500円の逆輸入クロノの記事で「これでクロノの目が輪の印刷でなく、1段落ちていたりとか、インデックスバーがもうちょい細かったりとか、タキメーターベゼルの幅がもうちょい狭かったりとか、赤い針の塗装がつや消しだったりとか、セイコーのロゴが印刷でなくアップライトのインデックスだったりするとかなり完璧になるかと思われます。」と記載したのですが、ほぼそのリクエストを実践してくれた様なモデルです。セイコーさん、ありがとう!(中央のクロノの針は赤ツヤ消しでなく、先端のみ赤いシルバーですが、安っぽい赤塗装よりはシルバーの方が良いですね。また、クロノの目は微妙に1段落ちてはいますが、オメガのスピードマスター風にテーパー面でもう少し落ちて立体感を出してくれたらさらに嬉しいです。)


背面。スクリューバックの裏蓋です。


本体はそれなりに厚さがあるのですが、このデザインのままで極薄のムーブで作ってくれると、よりカッコよくなると思います。先端に向かってすっと細くなっている時針、分針も良いですね。


以前にアップした逆輸入クロノと。(ベルト無くてすみません。左のモデルの以前の記事はこちら)今回のモデルが一番正統派ですね。


80年代クオーツクロノと。(以前の記事、左のモデルはこちら。右のモデルはこちら。)負けてません。最近の国産メーカーのクロノは本当にごっちゃな感じですが、こういったシンプルできちんとしたディティールで正面から勝負して欲しいものです。


取説など。逆輸入系で初めてまともな取説がついてきた気がします。


以上、久しぶりに見つけたカッコイイセイコー逆輸入クロノのご紹介でした。amazonでは下記リンクからどうぞ。オススメです!(シルバーモデルや、amazonにはありませんがブラックケース仕様もある様です。)

      

2016.1.11. 追記・・・黒モデルはなんかどんどん値上がってきちゃいましたね。。上にリンク張った時はどれも1万円台だったのですが。。
2016.1.13.追記・・・と記載したらまた1万円台になってたりしてますので、価格はかなり変動する様ですね。。