2016年5月31日

Pebble2を3D Printしてみた

これもタイトルのとおりです。公開されているPebble2の3Dデータで3Dプリント出力してみましたのでざっと画像をアップします。液晶部はスケールを合わせ紙でプリントしたものを貼っています。ぱっと見はやはり2が一回り小さく見えますね。


サポート材除去の手間を省く為に左のスイッチを削除し、左側面を下に接地させて3Dプリントしてます。(ので、左側面のスイッチはありません)


初代は22mmのベルト幅と液晶の幅を揃えた、NATOベルトが良く似合う、良い意味で非常にざっくりしたデザインがオリジナリティーもあり良いですね。


正面から。2はこう見るとかなり普通になってしまいましたが、側面の色を派手に変えたツートーンカラーで勝負してます。


重ねた状態。2は心拍センサーの凸部がある為、ベルト無しで机に置いた時にくるくる回ってしまいます。ピッチの狭くなったゴムスイッチの操作感がちょっと心配。。


背面。2はテーパーを取り、側面がより薄く見える様にデザインされています。


両方を手に取るとこんな。Pebble2でも9月発売ですから(Time2は11月)、まだ随分先ですね。。しばらくこの3Dプリント物を眺めながら新しい「白黒」watchfaceを考えたと思います。


以上、Pebble2の3Dプリント出力物のご紹介でした。