2016年5月29日

現行watchfaceをTime2で表示すると恐らくこうなる

タイトルのとおりです。現行Pebble用のウォッチフェイスを新型のTime2で表示させると恐らくこうなるだろうの図を作ってみました。プログラミング上指定したバックグラウンドの色でベタ塗りされた画面に、現行よりもサイズが縮小され左上にオフセットして表示されるwatchface。うぅ、カッコ悪い・・・おそらくwatchfaceを作っているほとんどの方は(私も含め)左上基準に表示画像の位置指定をしている為、こんな表示(Round対応をしていないwatchfaceをRoundに表示した時に左上にオフセットされて表示されるのと同じ状態)になるのでは?と思われます。(2016.5.30.追記:これを回避する為のモードがTime2にはある様です。)


仮にPebble側が「旧watchfaceを表示する場合、黒枠を付けセンターに表示する様な配慮をTime2に組み込む」2016.5.30.追記:組み込んである様です。)、もしくは作り手側が「現行の148x168の外側を黒ベタ表示にし、基準を画面センターにする」様なプログラミングの修正を盛り込んだにしても、Time2の画面のdpi(1画素の大きさ)がTimeよりも細かい為、同じ144x168pixelの画像でも現行のTimeで表示した時よりも1回り小さく表示されてしまいます。下の画像、左が現行のTimeSteel、右がTime2で同じwatchfaceを表示した場合です。この様に、黒枠ありでセンターにちゃんと表示されたにしても、ありえないくらい小さくなってしまい、現状のままのデータでとりあえず上記の様なTime2対策を施すのはムダな気がします。(上の画像の様に表示されるよりはマシですが。。ていうか、そもそもSDK3.0で作ったwatchfaceはTime2でも表示されるんですよね?(2016.5.30.追記:表示されます。))



ということで、下はTime2の画面にフルに同watchfaceを拡大した状態。(微妙にアスペクト比が違うので下が少し切れてます。)きっと現行watchfaceは全てこの様に200x228に合わせて作り直すんでしょうね。。。Time2に古いwatchfaceを表示した場合、この様に自動で拡大してくれるモードがあるととりあえず良い気もするのですが、そのまま拡大は拡大で下の様になんかボヨーンとした感じになりそうです。


現行TimeSteelとTime2フル表示(上と同じ画像)を並べるとこんな。まぁ、いずれにしても黒額縁が狭くなることは良いことです。



以上、Time2での現行watchfaceの表示のされ方の予測、でした。

2016.5.30. 追記・・・旧watchfaceを表示する場合、センターに表示するBezel modeがTime2にはある様です。コミュニティーでご指摘頂きました。ありがとうございます。相変わらず既にアップされている情報をちゃんと見ずにアップしておりすみませんでした。。下に比較しにくいのでそれぞれの画像を1つにまとめました。左がTime2で現行watchfaceをベゼルモードで表示した場合、中央は現行のTimeSteel、右がTime2です。