2016年6月17日

たまごっちをPebbleに入れてみた

どこでもいっしょのトロの次はたまごっちのおやじっちをPebbleに入れてみました。最初はジェネレーターで作成した、たまごっちの静止画のバックグラウンドに時刻表示をしているだけだったのですが、最終的には結局オリジナルのプログラミングを起こし、こんなで落ち着きました。上段で日、曜日、Bluetooth接続状態、バッテリー残量表示、下段で現在時刻を表示ており、おやじっちは画面中央で常に動いています。


動いていると言ってもその場で屈伸してるだけですが、とりあえず動画も撮りましたのでどうぞ。


他のウオッチフェイスのプログラミングのコピペで作ったので画像差し替えだけで比較的簡単にできました。常におやじっちが動いているので電池の減りは早いかと思われます。


ベースとなった初代たまごっち。なんと発売は20年前の1996年。はまってた当時、このおやじっちが出てきた時は驚愕したものです。現状は完璧に幼稚園児向けのおもちゃと化してしまって残念ですね。今のたまごっちってこんな風にうんこまみれになって病気になって死ぬ、なんてことは無いんでしょうねぇ〜


フォトショの画面と。たまごっちの電池が切れた状態で画面を撮影し、Pebbleの64色まで減色して(拡大するとこんなに粗々で彩度もかなり高いのですが、実機で表示すると上の画像の様にほぼそれらしくなります。)バックグラウンドとし、その上におやじっちの4コマアニメを重ねてます。20年前、たまごっちの画面を見ながらドット絵を起こしていたのが今頃役に立つとは。。時刻のフォントもおやじっちと同じドット絵で準備してましたが、最後に面倒臭くなってプログラミング1行で済むPebbleのシステムフォント使用での時刻表示にしちゃいました。


以上、たまごっちをPebbleに入れたよ、のご紹介でした。

2016.6.21.追記・・・おやじっちに飽きてきたので普通のたまごっちを入れてみました。うんこしたままたまごっちが左右に動いています。


これも動画を撮りましたのでどうぞ。オリジナルはもう少し左右に動いているのですが、コマ数をケチって(現状8コマ)この位のアニメにしています。当然世話は何もできないので、うんこは出しっぱです。


以上、たまごっちwatchfaceのその後、でした。この位メジャーなキャラになると周りの反応もそこそこありますね。

2016.7.2. 追記・・・Roundにも対応させました。表示領域が狭いのでBluetooth表示は削除しました。


通常版作成後のRound対応は表示領域が広がるのでバックグラウンドの画像を延長しなくてはならないので面倒ですね。またRoundはさらにバッテリー寿命が短いので、ずっとアニメし続けるwatchfaceでは毎日充電が必須になることでしょう。以上、たまごっちのRound対応でした。

追記現在このたまごっちのwatchfaceは上のメニューバーのWatchface Store2で頒布していますのでよろしければどうぞ。