2018年11月4日

RAVISA Jump Hour Watch、LED時計の様なメカデジ

1970年代のRAVISAのメカデジです。デッドストック状態のものを入手しました。一見Pulsarの様なLED時計風なんですが・・・


側面のボタンを押すと内部照明が光り、なんとそこにはいわゆるメカデジな時刻表示(時、分それぞれが印刷された2つの円盤が回転して時刻表示する構造)が現れます。バッテリーを搭載はしていますが、それはパルサーの様にLEDでデジタルに数字を表示する為ではなく、あくまで機械は手巻きの機械式で、その時刻を表示する円盤を照明する為に電池を使用するという、私もこれまで散々ビンテージなデジタル時計を見てきましたが、こんなモデルは今回初めて見て、即ポチッた次第です。(webを検索すると数年前からデッドストック状態のものがかなり出回っていた様ですが、最近はパトロールしてませんでした。)


で、さらに特殊なのが、時刻を表示する円盤が透明で、数字が抜かれた黒ベタ印刷がされており、照明はその下で光ることにより(実際は左の方で光ってますが)、数字が光ってる風にみせているという、単に円盤を上面から照明ではない工夫がされています。


で、ボタンを押して照明が光る様子はこちらのインスタにアップした動画よりどうぞ。


背面は電池蓋がプラスチックになっており、バッテリーが1つ入る様になっています。


で、オリジナルのメッシュベルトがかなり重くバックル部がどうもきちんとロックしにくいので、ナイロンベルトに変えました。


腕に巻くとこんな。意外と大ぶりです。


反対側面から。ケースはステンの鏡面ではなくメッキですので、劣化が心配です。また手巻きなのですが、この様にリューズが埋まっているので、リューズの下半分を指の腹で巻かなくてはならず、非常に巻きにくいです。


点灯状態もう一度。さらに照明は押してる間しか光らないので、時刻合わせが照明ボタンを押しながらやらねばならず、非常にやりにくく、実際の時刻確認もLED表示と違い、文字がかなり小さく分かり難いです。


点灯時横方向から。実際は照明は左の方からされているのが分かります。バラシもしてみたいところですが、シンクローナに似た構造で、モジュールをパッケージしたカバーが背面から圧入されているっぽいのですが、なんともそのモジュール部がびくともせず、バラせません。もうちょっと様子見てやってみて、バラせたら追ってアップします。(バラした状態はこちらこちらにアップされています。照明の構造は結構ハンドメイドな感じです。)


明るいところで見るとうっすらとメカデジ部が透けて見えます。しかし、この大雑把な文字の入れ方がよいです。


この時計のモジュールは他のメーカーでも使用され、違うデザインのモデルもある様です。また前面窓を透明にして、いわゆるメカデジ風なものも存在する様です。
以上、LED時計風なメカデジのご紹介でした。

2018年10月26日

TECHNOS Kaizer Signal

テクノスの70年代の自動巻きの時計です。メタリックグリーンのグラデ文字板、9面カットガラス、ステンムクのケース&ベルトと、70sパワー炸裂といった感じですね。で、この時計の魅力は何と言っても「機械式なのに6時位置の丸い小窓が1秒おきに赤く点滅している」ところです。機械式なのでLEDなど搭載出来る訳でもなく、機械式の「メカの工夫」で赤くチコチコ点滅しています。


その小窓部の点滅の具合です。秒針がちゃんとあろうが、点滅しています。


で、この点滅の仕組みは小窓の下に先端を赤く塗られた竹とんぼの羽根の様な形の歯車があり、それが回転して小窓からその赤い部分が1秒ごとに顔を出したり消えたりして、あたかも点滅しているかの様に見せています。Youtubeのこちらにバラした状態の動画があります。70年代初期のセイコーのクオーツのアナログ時計では文字板の右上にLEDが搭載され、それが点滅するモデルはありましたが・・・これはメカで点滅してる風に見せています。(あ、これがあることによる機能的なメリットなどはつっこんではいけません^ ^ )



しかしこのカットガラスの厚みがすごいです。キラッキラです。



ガラスのまわりのベゼルに見えるところはベゼルでなく、本体と一体になったベゼルレスな構造です。カイザーシグナルという名前もカッコイイですね。カラバリはグリーン以外にパープルやブラウン、ブルー等があったようです。またカットガラスのカット具合の違うものやカットガラスでないものもあったようです。


裏蓋も多角形でカッコイイです。中古のものはこのメダルが外れてしまったものが多い様です。


以上、テクノスのカイザーシグナルのご紹介でした。

2018年10月23日

京都でのFitbitカンファレンスのお知らせ

来月の11月6日(火)に、3回目となるフィットビットのデベロッパー&ユーザーカンファレンスが今度は関西で行われます。詳細はこちら。10月23日現在、まだ応募できます。(参加は抽選の様です。)

“Fitbit Developers and Users Conference 2018 Autumn in Kyoto”
https://fitbit-estore.jp/dev-conference

日時:2018年11月6日(火)15:00 開場、15:30カンファレンス開始
会場:ザ ソウドウ 東山 京都
住所:〒605-0827 京都市東山区八坂通下河原東入八坂上町366

で、私にもまた登壇の話がきていたのですが、今回は日にち的に都合が悪く行けないので、代わりに私デザインのクロックフェイスを京都カンファレンス用にカスタマイズしたものを会場にてQRコード経由で無料配布する様にしました。配布するフェイスは以下の3つです。


現在有料で販売している3つのフェイスに「MEETUP KYOTO」の文字を入れ、京都をイメージした紫をテーマカラーとしています。(設定から別の色に変更可能です。)機能的には有料で販売しているものと同じですので、この機会に是非無料で入手して頂ければと思います。(カンファレンス後このフェイスの再配布は致しません。)当日会場では限定Tシャツも全員に配布する様ですし、新製品のCharge3も先行販売しますので、関西のFitbitファンの方(もちろん関西以外からでも)は是非ご参加を!
以上、Fitbitのイベントのお知らせでした。

2018年10月22日

Mickey Speed Master

12時位置にミッキーのシルエットが描かれたスピードマスター風ミッキー時計です。文字板と裏蓋に©️Disneyとありますが、本当にオフィシャルな時計かどうかは分かりません。多分オフィシャルかとは思われますが、クロノの機能は無く、3つ目のクロノの針はダミーでプッシュボタンも押せますが機能はしません。と書くとどうもパチな気がしますね。中央の秒針は通常の秒針で常に回転しています。(ちょうど12時位置にきたところで撮影してます。)


腕に巻いた状態。とりあえずNATOベルトに替えましたが22mmのものがなく2mm程隙間が空いてます。重さもそれなりにあり出来はかなり良いです。遠目にはスピマスですね。


以前に買ったミッキー時計と。オフィシャルでタキメーターのあるミッキー時計ってそう無いですね。


シチズンのこれまたスピードマスター風時計と。ミッキー時計の方は針を変えたいですね。


以上、数少ない、男子向きミッキー時計のご紹介でした。

2018年10月20日

LowBEAT誌に掲載されました。

本日発売のアンティーク腕時計専門誌「LowBEAT」に先日取材を受けた記事が掲載されています。


最初取材依頼が来た時、何故に60年代以前の機械式時計専門誌から私にデジタルな時計の取材を?と疑問に思ったのですが、「70sデザインを考察する」という特集だそうで、その頃の時計の話となるとデジタルは外せない、ということで依頼が来た様です。
案の定、届いた本を見ると私の見開きベージは他のページから浮きまくってましたが ^ ^  この頃のデジタルな時計の主にデザイン的な話について話したことを掲載して頂いてます。(私は「デザインの識者」ということになってますw)この見開き以外にも70年代のカラー文化化の話などでもちょこっと登場してます。また、この特集のキーワード「スペーシエイジ」「モータースポーツ」等のネタ出し等にも協力してます。よろしければご覧下さいませ。


2018年10月14日

ZENITH FUTURE TIME COMMANDを入手

カッコイイとは思っていたのですが、高価でなかなか入手できなかったゼニスのFUTURE TIME COMMANDをなんと頂いてしまいました。非常にレアらしいブルー文字板です。右下の小窓はLEDで秒と日を表示します。


四角い風防が上面まで回り込んでいるのがまた良いですね。防水性とか難しそうですが。


まだ電池を入れてないので、追って電池を入れLEDを点灯させた状態をアップしたいと思います。以上、簡単ですが、ゼニスのアナデジLED時計入手のアップでした。

CITIZEN 4H ALARMをまた入手

またシチズンの手巻きアラームを入手しました。非常に端正な顔つきでカッコイイです。


相変わらずこのごついリューズが2つついてるのが良いです。こういった普通っぽい(一見普通なんだけど、どこか1点変なところがある)時計に惹かれます。


背面。アラーム音用の穴が空いています。裏面もピカピカで非常に程度が良いです。


これはLe Temps.さんで購入したもので、店頭で撮影した画像。前にシチズンの四角い時計をオーバーホールに出した時に見せて頂き、ハミルトン・リコーの件で再び伺った時に購入したものです。


ハミルトン・リコーのビリビリ時計とのツーショット。年代的にはかなり近いかと思われます。


以上、いまだに購入が続いているシチズンアラーム入手のアップでした。

HAMILTON-RICOHの電磁テンプ時計

非常に程度の良いハミルトン・リコーの電磁テンプ時計を入手しました。以前に同じモデルを入手してますが(こちら)、今回のものはさらに程度が良く、ベルト、尾錠もオリジナルという奇跡的なものです。


反対側から。このビリビリししたインデックスバーが良いですねー。長針の先端は少し下向きに曲げられています。


ベルト裏面にはHAMILTON-RICOHの印刷があります。


尾錠にはハミルトンのマークがあります。かなり先細なベルトです。


しかし、程度はかなり良いものの、動くかどうか分からない状態での入手でした。で、電池を入れてみたのですが、案の定、動きませんでした。ので、前に入手したものの機械を移植してやることにしました。奥にあるのが移植に使用される、前に購入したもの。


ムーブの交換くらいは自分でも出来そうでしたが、ここはLe Temps.さんにお願いすることにしました。下は交換完了し、タイムグラファーのマイクに乗せた状態。


ということで、めでたく交換完了し、今は元気に動いています。(交換した直後は動いたり止まったりしていたのですが、今は元気に動いています。いずれにしてもオーバーホールは必要だとは思います。)以上、ハミルトン・リコーの電磁テンプ入手のアップでした。
2018.11.8. 追記・・・オリジナルの革ベルトは永久保存状態とし、シチズンのメッシュベルトがあったのでつけてみました。


エレキな時計にはメタルな感じが似合いますね。しばらくこれを付けていようと思います。以上、ベルト交換したことのアップでした。

2018年9月23日

デジボーグっぽいアナデジ

セイコーの80年代のアナデジです。黒いベゼル風なパーツがデジボーグを彷彿とさせます。


で、デジボーグとのツーショット。デジボーグからトランスフォーム途中段階風デザイン


カッコイイんだか、ダサいんだか、微妙なとこな気もします。ていうかまぁ、一般的にはださい昔っぽい時計って感じですかね。


ついでに似たモデルもアップ。このデジボーグっぽいモデルにおまけに付いてきました。真っ当なデザイン。


80年代のデジタルでアナログの方が占有面積の広いアナデジモデルを購入したのは初めてな気がします。このモデル以外はどうも惹かれるものが無く。。。以上、非常にデジボーグっぽい、セイコーのアナデジのご紹介でした。

セイコーゴールドフェザー

インスタのコメントの方にも書きましたが、シチズンのアラーム付きのインデックスバーが極細のモデルをずっと探しているのですが、いろいろ探していくうちに極細インデックスバーの時計と言えば、このセイコーのゴールドフェザーなのではないか?というところに行き着きました。1960年代の発売当時、中3針の時計では世界最薄を誇った時計です。
「薄さを極めるなら、インデックスバーなぞ印刷が最薄だろ!」ということで印刷になったのかどうかは分かりませんが(単にコストダウン?)、非常に細く、長い、印刷によるインデックスバーです。針も全て極細で、非常に繊細なイメージです。ゴールドフェザーもバリエーションが沢山あり、インデックスバーが印刷でないものもありますが(て言うか印刷ではないものがほとんどです)、極細感に欠けます。この極細を実現したかったのでこのモデルは印刷になったんですかね?


機械の入っている部分の見えないこの位のアングルから撮影するとほんとに薄く見えます。


腕に巻いても非常にしっくりときます。デカくて厚い時計ばかりしているので、非常に新鮮なつけ心地です。


ゴールドフェザーに限らず、この頃の機械式国産時計は非常にデザインのバリエーションがあるので、探してて飽きません。価格も安めで購入できますし、オーバーホールをすれば十分今でも使用できますのでオススメです。

以上、セイコーのゴールドフェザーのご紹介でした。