2018年3月27日

Fitbit Versa Review3. ベルト交換は注意が必要!

Fitbit VersaはIonicと違い、ベルトを一般的なベルトを付けることが出来るようになったのですが、かなり重要な注意点があったのでアップします。まず先にその注意点をまとめて挙げますと、
・Versaのベルト幅は23mmである。
・Pebble用のベルトは22mmなのにそのままでは付けることはできない。
・一般的なベルトでも付くものと付かないものがある。
・22mm以下の幅の狭いベルトをつける時でもバネ棒は23mmのものを使用すること。

です。以下それぞれについて記載します。

まず、
・Versaのベルト幅は23mmである。
現物が届きノギスでVersaのベルト取り付け部の幅を測ってみたらなんと23mmでした。Pebbleも含め最近の幅広ベルトは22mmが多いのですが、何故に中途半端な23mmなのでしょう?23mm幅のベルトなんてさらに選択肢が狭くなります。


ベルトも測るとまぁ当然ですがほぼ23mm。Versa本体のサイズ感には22mmでなく23mmの方が圧倒的に似合っている!という中の人の強いデザイン的な意思なのか、何も考えていなかったのか、23mmでも別にそれ以下の22mmとか付くから問題ないじゃん、と軽く考えそうしてしまったのか・・・しかし、 実際ベルト交換をしてみると幅以外の以下に挙げる問題点が出てきました。



 ・Pebble用のベルトは22mmなのにそのままでは付けることはできない。

で、私も最初はまぁ、隙間はちょっと空くけど付くだろ、ぐらいの軽い気持ちでPebbleオリジナルの22mm幅のベルトをそのまま付けようとしたのですが、、、これがなんと付けることができませんでした。原因はVersaのベルト取り付け部のザグリ量が結構浅く、それに対してPebbleのシリコンベルトのバネ棒の周りの肉厚がVersaのベルトよりも厚く、結果、いくらぐいぐい押し込んでも、バネ棒の先端がVersa本体側のバネ棒の収まる穴まで到達することができず、装着することはできませんでした。で、バネ棒はずしも使い、かなり苦労して押し込んでやっとバネ棒の先端が穴に入った!と思ったら、今度はベルトが入る本体側の幅23mmに対してPebbleのバネ棒は22mm用なので、ひっかかり量が少なく(か、付いた気がしただけかもですが。)、付いたと思ってベルトを引っ張ったら、穴からバネ棒の先端がはずれ、ベルトがとれてしまいました。なんということでしょう。。下はPebbleのベルトを押し込もうとしている状態の図です。ここから先いくらベルトを押し込んでもカチッと装着することができませんでした。


で、ダメ元で23mm用のバネ棒に交換し(下の画像右側)、Versaに取り付けてみたら、今度はあっけなく取り付けることができました。長さも重要ですが、そのバネ棒の太さがVersaのものよりも細い為、その細い分、バネ棒を本体側に押し込むことが出来、装着できた様です。バネ棒の直径の差なんてびびたるものなのですが、、、また市販されているバネ棒には太いものもありますので、太い方だとpebble用同様に多分ダメだと思いますので(試してませんので、もしかしたら大丈夫かもしれません)、注意が必要です。


23mmのバネ棒を使用し、取り付けた状態。付きはしましたが、ワンタッチで着脱できるつまみは無いので交換には常にバネ棒外しが必要になります。


また23mm幅に22mmのベルトをつけているので、左右に0.5mmずつの隙間は空くのですが、取り付けてしまえば隙間はそんなに目立ちません。ので、23mmという特種な幅でベルトを探さなくても22mmで大丈夫かと思われます。


次は一般的に市販されている22mm幅の革ベルトを装着してみました。これもバネ棒を23mmのものに交換して装着。画像上のバネ棒が23mm、下が22mmです。(ちなみに画像に写っている私が買ったバネ棒セットはこちらです。)


革ベルトはバネ棒周りの肉厚も薄いので特に問題無く装着できました。薄めのベルトだとベルトの幅方向の隙間よりもベルト上面と本体の隙間の方が目立ちます。



・一般的なベルトでも付くものと付かないものがある。
ということで、上から革ベルト、Pebble Timeのベルト、Versa専用のベルトです。白いPebble Time用のベルトはこう見ると確かにVersaのものよりバネ棒まわりの肉厚は厚い気はしますが(特にこの画像のバネ棒下の方の肉厚)、、、この位は一般的なベルトはよくあるかと思われますので、多分かなりの確率で普通のベルトでそのままでは付かない(バネ棒交換で付くかも)ものがある可能性が高いかと思われます。


・22mm以下の幅の狭いベルトをつける時でもバネ棒は23mmのものを使用すること。
まとめますと、いずれにしてもVersaのベルト取り付け部の左右幅は23mmですので、ベルト交換をする時はまずは23mmのバネ棒(細いもの)を準備することが必要かと思われます。バネ棒の幅の1mm位の差は大抵は大丈夫かと思うのですが、できればちゃんとラグ幅に合わせた23mmのバネ棒にすることをお勧めします。

ということで、以上、私がベルト交換をして気がついた点のアップでした。(私が今回試したPebbleのベルトはTime用ですが、Steel用とか2用だとまた違うかもしれません。)
下はベルト交換後にインスタにアップした画像です。Rose Goldケースに黒革ベルトをつけたらなんともラグジュアリーな感じになりましたが、現状これで使用しています。


2018.3.31. 追記・・・昨日SONYのwena wrist leather 22mm幅のものをVersaに付けてみたところ、特に問題無く付けられました。バネ棒にはワンタッチで交換できるつまみもあり、その操作も問題ありませんでした。電池不要で電子マネー機能を搭載したwena wrist leatherとVersaの組み合わせはFitbit Payが始まるまでは非常に良さそうです。またPebble以外のシリコンベルトも付けようとしたのですが、やはりバネ棒まわりの肉厚のあるベルトの装着はできませんでした。

Fitbit Versa Review2. Pebble、Apple Watch、Ioicとの大きさの比較

Fitbit VersaとPebbleとApple WatchとIonicを並べてみました。Versa、小さくて良いです。


斜視。Pebble TimeはSteelの方を並べたいところですが、既に売ってしまって手元に無くすみません。


反対斜視より。画面も全て点灯させた状態での撮影の方がよいかと思うのですが、Pebble以外は常時点灯でないので面倒なので消灯状態ですみません。


Ionicとツーショット。Ionicは男子向き、Versaは女子向きって感じですね。


Pebble Timeと。優しい造形はPebbleから引き継いだ感あります。ハードのプロダクトデザイナーもPebbleから来たのでしょうか?


Apple Watch、Ionicと。こう見るとシルエット的にはだいぶApple Watchに近いものになりましたが、Versaは本体断面形状がR面でなくテーパー面にしてることと本体レイアウトを横長にしたことでオリジナリティーを保ててますかね。


Apple Watchと側面からの比較。こう見るとApple Watchはこんなにまるまる体積があるのに何故にバッテリー1日しかもたないのでしょう?有機ELが電池食うんですかね?


Apple Watchと、その2。側面を大幅にテーパー面にしているのでVersaは非常に薄く見えます。こういった本体デザイン的にもスペック的にも価格的にも十分Apple Watchに対抗できるのではないでしょうか。


以上、Versaとその他のスマートウォッチとの大きさの比較でした。サイズ感的にもFitbit Versa、オススメです!

Fitbit Versa Review1. 開封の儀

Fitbitの新型スマートウォッチのVersaが届きましたので、早速開封の儀をアップします。まだ発売前なのですが、アプリやクロックフェイスを作っているデベロッパー向け(+ガジェット系メディア?)には先行配布されており、私宛てにも「送ってやるから住所教えろ」なDMがFitbitの中の人から来て5日後の20日にFedExで速攻で届きました。ありがとうございます、中の人。

ということで、解禁日(日本時間本日27日AM1:00)を過ぎたので、もろもろ画像をアップします。ちなみにデベロッパー向けに先行配布されたVersaは「twitter上でハッシュタグ #made4fitbitを付けて自作アプリを画面に表示した状態のversaの画像まで」は公開は許されてましたが、その他のレビューや画像のアップは禁止されていました。

まずはパッケージ。他のデベロッパーの方々の画像はほとんどがブラックモデルだったので、私にも黒モデルが届くのかなと思いきや、開けてびっくりRose Gold色が届きました。。送って頂けたのは非常にありがたいことなのですが、、、何故にこの色。。きっとこれはそのうち妻用になり、私用は別色をまた別途購入するかと思われます。


箱を下に引き出して開けた状態。中は上下に仕切られ、上にベルトを巻いた状態のVersaが収まっています。


本体は傷防止のフィルムで包まれています。


下側の冊子の下には予備の長いベルトと充電クレイドルが収まっています。Versa本体には短い方のベルトが付いており、ここに収まっている長い方のベルトはバックルのない方の片方だけでバックル側はありませんでした。(ケチですね^ ^)


充電クレイドルは両サイドをつまむと洗濯ばさみの様に広げることが出来、Versaを挟み込むことで固定します。これは非常に良いですね。ただ接点がむき出しで突出しているので、上に金属なものを乗せてショートさせない様に注意が必要そうです。


で、Versaをパッケージから取り出した状態。ボリューム感は3Dプリント出力物を見ていたのでほぼ想定した通りって感じです。が、実際は3Dプリント出力物はベルト幅22mm前提で作ってたので、本物はそれよりも若干大きいです。(別途詳細アップしますが、Versaのベルト幅は23mmです。)


で、フィルムを剥がした状態。アルミ本体の艶、ブラスト感も安っぽさはなく、いい感じです。


一番想定外だったのはweb等にアップされている画像等から、ガラスの周りには別パーツの黒いベゼルがあると思っていたのですが、それはありませんでした。Apple Watchと同じくアルミ本体に面取りをしたガラスが乗っているだけな構成です。液晶まわりの幅広の黒ベタ裏面印刷の面積の視覚的な緩和とApple Watchとのデザイン的な差別化にもその黒ベゼルが非常に良さそうな気がしていたので、ちょっと残念。しかし全体的には余計なディティールも一切無くきちんとした佇まいで非常に好感の持てるデザインです。


裏面も非常にシンプルです。裏蓋は無く、Ionic同様前面から全て投げ込みの様です。接点はIonicとは異なるので充電ケーブルは流用出来ません。


ベルトを外したところ。ベルトにある着脱用のつまみ部分の本体側が少し切り欠かれています。またベルトには細いリブが立っており、それが本体側の溝に収まる様になっていて、それでベルトが一定の角度を保持したまま本体に取り付く様になっています。


よく見るとザグリ部奥の方には原産国表示などが小さく記載されてました。


ということで、一通り見たところで充電開始。クレイドルは非常に収まりが良いです。Ionicの時は常に横向きに寝かせての充電だったので、気持ちいいです。


充電完了。電源を入れ、画面点灯状態。とりあえず私のクロックフェイスOCTA02をVersa対応させました。正方形画面のレイアウトはなんとも難しいですね。。


で、Versaの液晶画面ですが、Ionicと比較すると若干黄色っぽく、背景の黒部もIonic程黒く無く(ダークグレーに発色してる感じ)、液晶部周りの黒ベタ印刷部との境界がIonicよりも目立つ感じです。有機ELではないのでしょうがないのではありますが、あきらかにIonicの液晶の方がコントラストが効いていて黒が黒くなり、発色も良いです。逆に一般的な液晶は大体Versa並で、Ionicの液晶が優秀なのかもしれません。


Ionicと並べた図。本体の上下幅はかなり小さくなりました。デザインもとんがった部分を無くし誰にでも受け入れられるノーマルなディティールになったので、これはかなりいけるのではないでしょうか。


以上、Versa開封の儀でした。続きましてPebble、Apple Watchと並べた図はこちら、ベルト交換についてはこちらにアップしています。

2018年3月16日

ねこ数字クロックフェイスアップしました。

Fitbitマークなデジル時計の画像差し替えでこんなのも作りました。(上のメニューのIonic Clockface Storeにも同じことをアップしています。)

NEW! UTDESIGN_CATTIME01
娘が描いたねこ数字デジタル時計です。画像で10時28分53秒です。こちらはfitbitのクロックギャラリーにアップしているものと同じですので、無料で配布しています。

UTDESIGN_CATTIME01
Free Download / 無料ダウンロードページへ
(If you are using Android smartphone, Please access with the Firefox browser.Google chrome will not open the link. / アンドロイドスマートフォンをご使用の場合はFirefoxでアクセスして下さい。現状Google Chromeだとリンク先が開けない様です。)



NEW! UTDESIGN_CATTIME02
UTDESIGN_CATTIME01にねこのリボンの色変更(10色あります)と12/24時間表示の変更機能を追加したものです。その他の機能はCATTIME01と同じです。

UTDESIGN_CATTIME02


テンプレートができるといろいろバリエーションが作れますね。以上、新Clockfaceのお知らせでした。

2018年3月15日

fitbitのロゴマーク風な新クロックフェイスをアップしました。

新しいclockfaceを作りましたので以下にアップします。(上のメニューのIonic Clockface Storeにも同じことをアップしています。)

NEW! UTDESIGN_BITTIME01
fitbitのロゴマークで数字を表すデジタル時計です。fitbitのマークの利用規定違反でギャラリーへの申請は通らないだろうなと思いつつ、ダメもとで申請したらこれまでで最速で承認されました^ ^ 機能は時:分 秒表示のみで下の画像で04時19分30秒です。こちらはfitbitのクロックギャラリーにアップしているものと同じですので、無料で配布しています。


UTDESIGN_BITTIME01
Free Download / 無料ダウンロードページへ
(If you are using Android smartphone, Please access with the Firefox browser.Google chrome will not open the link. / アンドロイドスマートフォンをご使用の場合はFirefoxでアクセスして下さい。現状Google Chromeだとリンク先が開けない様です。)




NEW! UTDESIGN_BITTIME02
BITTIME01に表示色を変える機能(10色あります。)と12時間/24時間表示切り替え機能を追加したものです。その他の機能はBITTIME01と同じです。変更できる表示色はFitbitロゴの利用ガイドラインにあるSecondary color Paletteの色を使用しています。


UTDESIGN_BITTIME02




フォントとして「5」がちとつらいのですが、慣れると結構見やすいです。以上、新Clockfaceのお知らせでした。


2018年3月14日

Fitbit Versa、正式にキタ!

こちらに正式にFitbit Versaがアップされています。思ったよりも早いですね。内容はリークされてたままの様です。


Versaのデザインはとてもきちんとしていて良いですね。特に黒ベゼルの厚みのあるC面の取り具合とか。画面解像度は300x300(Ionicは348x250)で正方形確定です。やっと横レイアウトで慣れてきたところなのですが、ここでまた新たなアスペクト比、、、がんばります。まずはこれまで作ってきたクロックフェイスの対応からですかね。。しかし本体デザインは横長なので、ここは画面も横長で頑張って欲しかったところです。どうも「横長本体なのに正方形液晶」というのが解せません。もしくはせめて有機ELだったら黒バックのクロックフェイスにすれば画面範囲がApple Watchの様に分からなくてごまかせて良かったのですが。。(こちらの画像を見ると黒バックのものでもその表示領域が分かるものがあるので、Versaは有機ELではなさそうです。)
また、デベロッパー向けにはやっとシミュレーターができた様です。これでやっとブチブチ接続の切れる開発環境から解放されます。良かった。


で、海外のデベロッパーの方々には既にVersaが先行して配布されていた様で、既にPebbleとの大きさの比較とかアプリインストールした画像とか多々アップされています。私が先週がんばって3Dプリント出力とか大きさの比較とかしていたのがアホっぽいですね。。Fitbitの中の人からは私宛にも住所を教えろとの連絡が入っていたので何か送ってくれるのかなと期待していたのですが。。いまだに音沙汰ありません。
以上、Versa正式発表のお知らせでした。

2018年3月13日

Fitbitの次機種らしきものとIonic、Pebbleとの大きさの比較(情報追加しました。)

これまでApple WatchやPebbleの新型の情報が出たりする度に3Dデータ起こしたり3Dプリンターで出力したりして、製品発売前に大きさの比較をしたりしていましたが、今回も先日リークされていたFitbitの次期スマートウォッチらしきものの画像と現状のIonicとの大きさの比較をしてみました。こちらです。


Ionic2らしき画像のベルト幅がPebbleと同じ22mmだとした場合の大きさの比較です。22mmのベルト幅を基準にしてそれにスケールを合わせたIonicの画像を中央のシルバーのモデルの右に貼ってます。左は半透明にして重ねていますが、こう見ると左右幅はほぼ同じでIonicでは何も入ってなさそうなケースの上下部分を大幅に削除した様な大きさの様です。またIonicの液晶画面サイズを中央の画像に重ねてみると(赤い線)、ギリギリ入りそうですので、このIonic2らしきものはベルト幅22mmだった場合は「中身はほぼIonicの流用でできるかぎり小さくしたもの」といったサイズ感の様です。ベルト幅が20mmや18mmだった場合は本体の大きさはIonicと比較してより小さくなるので、それはそれで良いのですが、Clockfaceを作ってる身としては液晶サイズが変わってもアスペクト比と解像度はそのままでいてほしいです。

ということで、小さくかわいい感じになり良さそうですが、そもそもIonicは大ぶりだったので、これでやっと普通のサイズ感になったかも、といったところでしょうか。サイドビューとかの画像もあったので、それから立体を起こすことも可能ですが、多分そこまではやらないかと思われます。以上、Ionic2らしきものとIonicとの大きさの比較画像のアップでした。

2018.3.6. 追記・・・Pebbleとの比較画像も作ってみました。いずれもIonic2らしきもののベルト幅が22mmだった場合での画像です。(Pebble Time,Steelは22mm、Roundは14mm)


Ionicとの比較では「そこそこ小さそう」位なイメージだったのですが、Pebble Time Steelと比較するとかなり小さく見えます。Pebble Time Steelの左右幅ほぼそのままで液晶横置きにし、ラグを廃止しベルトを本体にもぐり込ませ、ケースの上下幅をぐっと縮めた感じで、これは手に取るとかなり小さく感じるのではないでしょうか。Roundと比較してもRoundの丸いケースと縦横寸法はほぼ同じ位です。しかもこのIonic2らしきもののベルト幅が22mm前提での比較ですので、もしもベルト幅がそれよりも狭かった場合、相対的にこの画像より小さくなるはずです。
このリーク画像の真偽は不明ですが、、、Fitbitの次期種、期待して待ちましょう。

2018.3.13. 追記・・・どうもこちらの画像を見ると液晶はIonicと同じ横レイアウトでなく正方形の様ですね。残念。。。常時点灯の反射型メモリー液晶が無理なら、せめて有機ELでApple Watchの様に表示領域が分からない様になっていることを切に願います。Fibit初のスマートウォッチとしてIonicは横レイアウトを採用したのだから貫いて欲しかったなぁ。。今回の新型も横レイアウト液晶でそれに合わせて本体デザインもIonicの上下を切り横長にして小さくしたのなら非常に納得のいく小型化ですが、小さくした分(実際左右寸法はそんなに変わってなさそうですが)、液晶の左右削って正方形にしてどうする??

2018.3.19. 追記・・・正式に発表され、ベルト幅は22mm確定です。ので、この画像比較はほぼ合っていた様です。

2018.3.21. 追記・・・Versaの現物が私の元に届き、現物を測定したのですが、ベルト幅は23mmでした。(22mmという情報はFitbitの中の人に確認した情報だったのですが。。)なんと中途半端な!ということは上の画像や3Dプリント出力物は現物よりも少し小さいことになります。。しかし23mmのベルトってそうそう無いですよね。。まぁ、22mmのベルトも付きますが、少なくともバネ棒は23mmのものを使用した方が落下防止の為にも良さそうです。
Versaに関しては本体の開封の儀やこのあたりも含めて追ってアップしようと思います。(現状、指定された解禁日までハッシュタグを付けた自分のアプリ画面のアップまでしか認められていないので。)

2018年3月10日

fitbitの次機種らしきものを3Dプリントしてみた。

結局fitbitの次機種らしきもの、画像からデータを起こし3Dプリント出力してみました。現物になるとそのボリューム感がよく分かります。で、結論は「これはかなり良い!」です。


以下、出力までの過程です。まずは画像から二次元CADで形状出し。ベルト幅は22mmとしてやってます。


データをイラレに持って行き、(今回は背面の画像が無く3次曲面作るのも面倒だったので、背面は下図矢印の緑線の所でカットしました。)


ライノで3Dデータ化。ベゼルのテーパーも単純なC面ではなさそうですが、面倒なので、ぐるっとC面取っただけです。ここまでの作業で2時間位ですかね。


それを久々に起動した3Dプリンターで出力。小さいので40分位で出来ました。


完成。サポート材いっぱい付いてます。


サポート材むしり取り、原寸出力した窓部を切り抜き、


貼り付けて完成。色はともかく、大分それらしく見えます。


早速ionicと比較。小さいです。


Pebbleのベルトを付けてみました。良いですね。(Inicはベルト付けると平置きできないので、はずして置いています。)液晶縦置きにした方がより小さく見えたのでは?とも思いますが、この横レイアウトがオリジナルな感じになって良いかと思います。私も最近クロックフェイスをデザインしてきて横レイアウトの方が気に入ってきました。そもそもデバイスの液晶画面はやはり横置きの方が落ち着く気がします。(スマホはともかく)


Pebble Timeと。プッシュボタンのある面の全周回っている幅の狭い帯部以外は上下に面取りをしているので、実寸法よりもかなり薄く見えます。背面の削除した3次曲面部を足したにしてもボリューム感はこれとそう変わらないかと思われます。


Apple Watchも入れて並べてみました。Apple Watch、でかいな。。


正面から。この小ささなら女性でもいけるのではないでしょうか。しかし、ionicはデカイデカイ言われてますが、Apple Watchと並べるとそう変わらない、ていうか、Apple Watchより軽いので、軽快です。ひとえにLCDを点灯させた時の見慣れない横レイアウトの画面が本体を大きく見せてるのでは、と思いました。


ちょい下方から。これはかなり期待できますね。名称はこちらに画像が追加されていてversaっぽいですね。


以上、fitbitの次機種らしきものを3Dプリント出力してみたことのアップでした。(次は3Dプリントでionicの縦置きの充電スタンドですかね。)