2018年3月27日

Fitbit Versa レビュー 1. 開封の儀

Fitbitの新型スマートウォッチのVersaが届きましたので、早速開封の儀をアップします。まだ発売前なのですが、アプリやクロックフェイスを作っているデベロッパー向け(+ガジェット系メディア?)には先行配布されており、私宛てにも「送ってやるから住所教えろ」なDMがFitbitの中の人から来て5日後の20日にFedExで速攻で届きました。ありがとうございます、中の人。

ということで、解禁日(日本時間本日27日AM1:00)を過ぎたので、もろもろ画像をアップします。ちなみにデベロッパー向けに先行配布されたVersaは「twitter上でハッシュタグ #made4fitbitを付けて自作アプリを画面に表示した状態のversaの画像まで」は公開は許されてましたが、その他のレビューや画像のアップは禁止されていました。

まずはパッケージ。他のデベロッパーの方々の画像はほとんどがブラックモデルだったので、私にも黒モデルが届くのかなと思いきや、開けてびっくりRose Gold色が届きました。。送って頂けたのは非常にありがたいことなのですが、、、何故にこの色。。きっとこれはそのうち妻用になり、私用は別色をまた別途購入するかと思われます。


箱を下に引き出して開けた状態。中は上下に仕切られ、上にベルトを巻いた状態のVersaが収まっています。


本体は傷防止のフィルムで包まれています。


下側の冊子の下には予備の長いベルトと充電クレイドルが収まっています。Versa本体には短い方のベルトが付いており、ここに収まっている長い方のベルトはバックルのない方の片方だけでバックル側はありませんでした。(ケチですね^ ^)


充電クレイドルは両サイドをつまむと洗濯ばさみの様に広げることが出来、Versaを挟み込むことで固定します。これは非常に良いですね。ただ接点がむき出しで突出しているので、上に金属なものを乗せてショートさせない様に注意が必要そうです。


で、Versaをパッケージから取り出した状態。ボリューム感は3Dプリント出力物を見ていたのでほぼ想定した通りって感じです。が、実際は3Dプリント出力物はベルト幅22mm前提で作ってたので、本物はそれよりも若干大きいです。(別途詳細アップしますが、Versaのベルト幅は23mmです。)


で、フィルムを剥がした状態。アルミ本体の艶、ブラスト感も安っぽさはなく、いい感じです。


一番想定外だったのはweb等にアップされている画像等から、ガラスの周りには別パーツの黒いベゼルがあると思っていたのですが、それはありませんでした。Apple Watchと同じくアルミ本体に面取りをしたガラスが乗っているだけな構成です。液晶まわりの幅広の黒ベタ裏面印刷の面積の視覚的な緩和とApple Watchとのデザイン的な差別化にもその黒ベゼルが非常に良さそうな気がしていたので、ちょっと残念。しかし全体的には余計なディティールも一切無くきちんとした佇まいで非常に好感の持てるデザインです。


裏面も非常にシンプルです。裏蓋は無く、Ionic同様前面から全て投げ込みの様です。接点はIonicとは異なるので充電ケーブルは流用出来ません。


ベルトを外したところ。ベルトにある着脱用のつまみ部分の本体側が少し切り欠かれています。またベルトには細いリブが立っており、それが本体側の溝に収まる様になっていて、それでベルトが一定の角度を保持したまま本体に取り付く様になっています。


よく見るとザグリ部奥の方には原産国表示などが小さく記載されてました。


ということで、一通り見たところで充電開始。クレイドルは非常に収まりが良いです。Ionicの時は常に横向きに寝かせての充電だったので、気持ちいいです。


充電完了。電源を入れ、画面点灯状態。とりあえず私のクロックフェイスOCTA02をVersa対応させました。正方形画面のレイアウトはなんとも難しいですね。。


で、Versaの液晶画面ですが、Ionicと比較すると若干黄色っぽく、背景の黒部もIonic程黒く無く(ダークグレーに発色してる感じ)、液晶部周りの黒ベタ印刷部との境界がIonicよりも目立つ感じです。有機ELではないのでしょうがないのではありますが、あきらかにIonicの液晶の方がコントラストが効いていて黒が黒くなり、発色も良いです。逆に一般的な液晶は大体Versa並で、Ionicの液晶が優秀なのかもしれません。


Ionicと並べた図。本体の上下幅はかなり小さくなりました。デザインもとんがった部分を無くし誰にでも受け入れられるノーマルなディティールになったので、これはかなりいけるのではないでしょうか。


以上、Versa開封の儀でした。続きましてPebble、Apple Watchと並べた図はこちら、ベルト交換についてはこちらにアップしています。