2018年12月28日

SYNCHRONARの再生

海外のどなたかが再生させたシンクローナ(入手時は動いていたものの、数年後にまた稼働しなくなってしまったもの)を解体し、再生を試みてみましたのでップします。

まずは再生時に開けられた箇所からケースを開けてみました。交換されたバッテリーが鎮座しており、蓋の裏には接点となる金属板がむりやりボンドで付けられて、かなり粗い仕事です。


電池を持ち上げると液漏れがすごいことになってました。リード線が敷かれており、その上に電池を置いて接点にしていました。大雑把な手段ですが、これなら綺麗にしてバッテリーを交換すればすぐ再生できそうです。


ということで、まずは掃除。下の基板とリード線の間に敷かれていたシートを取り出し、透明でぷるぷるしたレキサン(オリジナルのシンクローナには耐水圧の為にケース内部にこのレキサンが充填されてます。)をかき出します。こういう時は爪楊枝と綿棒にかぎりますね。


で、ほぼ掃除も終わり、同じバッテリーを購入し通電を試みたのですが、、、LEDは点灯しませんでした。敷かれたリード線の先端を綺麗にしたり接点の付いた蓋を閉じたりいろいろ試みたのですが、ダメでした。うぅ。。。


バッテリーを使用せずに通電も試みましたがそれもだめです。何故でしょう。。


ということで、オリジナルの復活はだめそうだったので(あっさり諦める)、ならば別のLEDモジュール(BULOVAのサイドビューLEDとか)を入れての再生でもするか、としばらく放置していたのですが、今は前回アップした(こちら)クオーツでドラム回転メカデジを再現したモジュールを入れようと試みています。以下、前にアップした画像より

モジュールはこれです。


検討風景。


シンクローナのモジュールを出し、入れてみたの図。


正面から。ソーラーセル部の窓は透明スモークなアクリルがいいですかね。すごくカッコよくなりそうです。スイッチ操作しなくても正面から時刻分かりますし。


どうせやるならここまで違った物の方が面白いので、この冬休みから来年にかけて進めてみようと思います。現状、モジュールを少し削らないとダメそうなので、ちょっと躊躇してますが・・・合間を見て進めようと思います。以上、シンクローナ再生のアップでした。

2018年12月22日

FUTURE FUNKバラシとモジュールのSYNCHRONARへの組み込み

いろいろと残念だったフューチャーファンクですが、バラしてみました。まず下はほぼバラシ完な状態。基板もケースから外せますが、これ以上やると戻すのがめんどくさそうなのでここまででやめておきました。


で、まずは裏蓋を開けた状態。スクリューバックでないので、側開けでパコッと開けます。プラスチックケースのモジュールにバッテリーが2つ入ってます。腕時計ではあまり見かけないCEマークとかパテントナンバーが記載されています。


モジュールを取り出した状態。モジュールは背面から圧入されてるだけです。


文字板とモジュールのケースの上カバーを取り外し、基板丸見え状態。


側面から。ドラム部はかなり突出しています。


で、このモジュールを使い自分でデザインした外装ケースをステンの3Dプリント出力し、それに入れるのが良いかも、とも思ったのですが・・・そういえば、と思い出したのがシンクローナでした。少し前、動かなくなったシンクローナのモジュールを開き、バッテリー入れ替えをして再生を試みていたのですが、どうもダメっぽかったので(こちらのシンクローナのページに3Dプリント出力したまではアップしています。追って追記します。)、ならばLEDサイドビュー表示のオリジナルの再生ではなく、このドラムモジュールを入れて生き返らせると良いのでは!?と思いつきました。で、寸法をざっくりあたってみた結果、専用のインナーカバーを作れば結構心地よく収まることが分かりました。下はシンクローナに今回のドラム回転機構を入れる検討をしている図です。左右のプッシュボタンもステンの上カバーにかからない位置で出せそうです。


で、とりあえずモジュールにシンクローナのカバーを被せてみました。が、FUTURE FUNKとRETRO QUARTZの印刷がダサいので、


基板丸出し状態にしました。やはりこの方がよいですねー。


正面から。ソーラー部の窓はちょっとスモークを入れた透明アクリルの切削で作成ですかね。サイドビューウオッチではなくなりますが、これはこれで良さそうです。スイッチをスライドさせることなく時間が見れますし。


あとは、モジュールの入るインナーカバーを3Dプリント出力で作ればいけると思いきや・・・ここまできて、なんと肝心のバネ棒がモジュールを少し削らないと付けられないという根本的なことに気づきました。(左右のプッシュボタンの取り付け具合ばかりに気を取られてました。)シンクローナを使うところのメリットはさくっとインナーカバーのデータを作り、モジュール放り込むだけな簡単な手段でできるのが良かったのですが(シンクローナのベルトはステンの上カバーにつけるので、インナーカバーに強度は不要で、しかもインナーカバーの固定もベルトをつけることで固定できるので楽)、ここで、切削作業が入ると分かったとたんにモチベーションダダ下がりしてしまいました。まぁ、ルーターでブイーンと削れば出来るのではありますが・・・面倒です。

で、ここまでデータ起こすとこまでやってたら、久しぶりに友人のI君からメールが来て、なんとI君も全く同じことを考えていて、既にオリジナルデザインのケース制作の作業に入っているとのこと。やはり考えることは一緒で笑っちゃいました^ ^ 下はI君に送ってもらったスクショの一部です。素晴らしい、てか、相変わらず仕事早いです。


ということで、シンクローナに入れることはちょっと保留にして、とりあえずモジュールを戻すことにしました。どうせ戻すのなら、基板丸見え状態にしようということで、ステンカバーの裏に文字板と外したモジュールの上カバー分の厚さと同じだけのスペーサーをエラストマーのシートを切って作り両面テープで貼り付け、そこにモジュールを放り込みました。


ちなみにスナップ式の裏蓋を閉じるにはこの様な工具がないと多分閉じられないと思います。かなり硬いのでこれが無いとおそらくだめでしょう。


で、戻した状態。ベルトもイマイチなので、本体の厚さをより際立たせる為に薄いリザード型押しの革ベルトに交換。手持ちで24mm幅のが無かったので22mm幅のベルトなので、ちょい隙間がありますが。


「ダメな要素」が無くなり、よいです。「中国のサプライヤーからドラム回転モジュールとHumbert DrozのHD4パクリケースを入手し、素組みした謎な時計」となりましたw


モジュールの寸法はもう取ったので、とりあえずシンクローナの方のケースのデータが進み、モジュール切削のやる気が出るまでこの状態にしておこうと思います。・・・以上、フューチャーファンクのバラシ等のアップでした。

2019.1.19. 追記・・・その後のバラシ具合です。まずはケースから基板を外してみました。ドラムに付いているモーター部分はこんな状態です。


で、シンクローナに移植すべく、プラスチックケースをバキバキ切断しました。


ケース切削も終わり、シンクローナのどのケースに入れるか検討。シンクローナはあと何本か持ってますが永久保存状態に入っているので、改造に使用する筐体をこの中から決定。シンクローナも微妙に穴位置や切削具合が異なるので、ここで、どれにするか最終FIX。


新規ケースの検討具合。思いの外複雑になってきました。フロント窓の乗せ具合とか、下ケースの保持具合とか。プッシュボタンは面倒なのでとりあえず板バネ方式にしてます。1発目はこれで作り追ってプッシュボタン別パーツ案を作ろうかと思います。


以上、その後のFUTURE FUNKモジュール移植の進捗でした。

2018年12月3日

OMEGA Speedsonic 入手!

オメガの音叉系を集めてきて、きっと最終的に行き着くとこはここだろなと思いつつ・・・結局オメガのスピードソニックを入手するに至りましたw いやー、もうカッコイイの一言です。


この本体から繋がった甲冑の様な、ロブスターブレスと呼ばれるザリガニの様なベルトが素晴らしいです。70年代のオメガの音叉式クロノグラフでデザインはジェラルド・ジェンタです。


「いつかは欲しい時計リスト」にずーっと入ったまま、これまで何回か入手する機会はあったのですが、やはりその高価さと、音叉時計であるリスク(バッテリーとか、メンテとか)を考え中々手を出せてませんでした。が、今回非常に格安で出ており、またバッテリーもRENATA344で問題なく動いている様なので、入手するにに至りました。(音叉系時計は最近は1.5V用ににチューニングしたものや音叉時計専門にオーバーホールをするところも出てきたりと、メンテの面も大分安心できる様になってきました。)

手に取るとそこそこ重量感があります。が、ベルトはほぼ中空なので、ステンムクの塊の様なオメガの125やクロノクオーツ等と比べればそう重くはないかと思われます。耳をあてると音叉独特の「プーーーーーーン」という作動音が聞こえます。


反対側から。文字板はミラー仕上げになっており、ピカピカに周りが映り込みます。下の画像では撮影しているiPhoneを持つ私の手が写り込んでます。


側面から。本体は結構厚いです。実測14.6mmありました。


ベルトは薄いステンの皮が巻かれた様な構成です。


ベルトの裏面のスキマからベルトを連結しているメッシュベルトの様な構造が見えます。また、左右から巻いてきて作ったベルトの外皮の継ぎ目がピシッとセンターにあります。一番本体に近い部分は溶接している風ではありますが、それ以外は巻いてきてどう固定しているのでしょう。


背蓋にはSEAMASTERの刻印。


バッテリーはRENATAの344で日差-1秒位でかなり正確に動いています。


腕に巻いた状態。こう見るとかなりでかく見えますが、実際はそうでもないです。


この巻き付かれ感!この感じは、そう・・・


これですね。セイコーのグランドセイコーV.F.A. 銀パラケースと同等な感じです。


ということで、久しぶりに出してツーショットを撮影しましたが、かなりゴツイと思っていたGSがちんまりと見えますw


西洋甲冑と東洋甲冑といった感じでしょうか。まるまるとパキパキ、どちらもとてもカッコイイです。


スピードソニック、やはりでかいはでかいですねw


最後に最近集まってきたオメガの音叉時計達。耳を近づけると音叉の音が共鳴しあってますw


以上、いつかは欲しかった、オメガのスピードソニック入手、なアップでした。

2019.03.27. 追記・・・娘の卒業式にこのスピードソニックをはめて参列してきましたので、その時の画像をアップしておきます。


久々に腕に巻いたのですが、やっぱカッコイイですね。以上、1カットの追加でした。