2018年12月28日

SYNCHRONARの再生

海外のどなたかが再生させたシンクローナ(入手時は動いていたものの、数年後にまた稼働しなくなってしまったもの)を解体し、再生を試みてみましたのでップします。

まずは再生時に開けられた箇所からケースを開けてみました。交換されたバッテリーが鎮座しており、蓋の裏には接点となる金属板がむりやりボンドで付けられて、かなり粗い仕事です。


電池を持ち上げると液漏れがすごいことになってました。リード線が敷かれており、その上に電池を置いて接点にしていました。大雑把な手段ですが、これなら綺麗にしてバッテリーを交換すればすぐ再生できそうです。


ということで、まずは掃除。下の基板とリード線の間に敷かれていたシートを取り出し、透明でぷるぷるしたレキサン(オリジナルのシンクローナには耐水圧の為にケース内部にこのレキサンが充填されてます。)をかき出します。こういう時は爪楊枝と綿棒にかぎりますね。


で、ほぼ掃除も終わり、同じバッテリーを購入し通電を試みたのですが、、、LEDは点灯しませんでした。敷かれたリード線の先端を綺麗にしたり接点の付いた蓋を閉じたりいろいろ試みたのですが、ダメでした。うぅ。。。


バッテリーを使用せずに通電も試みましたがそれもだめです。何故でしょう。。


ということで、オリジナルの復活はだめそうだったので(あっさり諦める)、ならば別のLEDモジュール(BULOVAのサイドビューLEDとか)を入れての再生でもするか、としばらく放置していたのですが、今は前回アップした(こちら)クオーツでドラム回転メカデジを再現したモジュールを入れようと試みています。以下、前にアップした画像より

モジュールはこれです。


検討風景。


シンクローナのモジュールを出し、とりあえずFUTURE FUNKのモジュールを入れてみたの図。なんとか入りそうです。


正面から。ソーラーセル部の窓は透明スモークなアクリルがいいですかね。すごくカッコよくなりそうです。スイッチ操作しなくても正面から時刻分かりますし。


どうせやるならここまで違った物の方が面白いので、この冬休みから来年にかけて進めてみようと思います。現状、モジュールを少し削らないとダメそうなので、ちょっと躊躇してますが・・・合間を見て進めようと思います。以上、シンクローナ再生のアップでした。

2019.1.19. 追記・・・その後の進捗です。まずはモジュールのケースから基板を外してみました。ドラムに付いているモーター部分はこんな状態です。


で、シンクローナに移植すべく、プラスチックケースをバキバキ切断しました。


ケース切削も終わり、シンクローナのどのケースに入れるか検討。シンクローナはあと何本か持ってますが永久保存状態に入っているので、改造に使用する筐体をこの中から決定。シンクローナも微妙に穴位置や切削具合が異なるので、ここで、どれにするか最終FIX。


新規ケースの検討具合。思いの外複雑になってきました。フロント窓の乗せ具合とか、下ケースの保持具合とか。プッシュボタンは面倒なのでとりあえず板バネ方式にしてます。1発目はこれで作り追ってプッシュボタン別パーツ案を作ろうかと思います。


2019.6.23. 追記・・・その後の進捗です。4つのキーはこんな感じ(って分かりにくいですね。)のケース一体の板バネにし、3Dプリント出力をかけました。板バネの外周に可動する為のクリアランスがあるので防水性はゼロです。


で、出来てきた3Dプリントケース(中央)。出来はまぁ、粗々ですが、収まってます。


とりあえず素組みした状態。窓無しですが、カッコイイです。


で、その後、窓をアクリル板の切削で作成。以前にiPhoneスタンドを作って頂いたアクリル業者さんに作って頂きました。リブの厚さは0.3mmだったのですが、ちと薄かったかも。


で、窓も組み込んだ状態。やはり窓が入ると格段に良くなります。


腕に巻いた状態。カッコ良すぎる!ボタンも全てちゃんと押せました。


で、窓の色はシンクローナ同様、赤いものや、


蛍光イエローや、スモークグレー等も考えたのですが、やはり見やすさからも素直に透明に落ち着きました。


ということで、基本的には大丈夫そうなので、板バネプッシュボタンはやはりパキッといってしまいそうなので、プッシュボタン化の検討に入りました。肉厚が薄かった箇所も構造を変更し肉増しする方向で再検討。下はその検討風景。パーツも増え、更に複雑になってきました。しかしこの新構造なら普通にDMMのナイロン出力もできそうです。


以上、ちょっとずつ進んでいるシンクローナの魔改造 再生の追記でした。

2019.7.8. 追記・・・長くなってきたので、こちらに続きます。Go to Next Page. ほぼ完成形となりました。